記事

希望の党の安保政策の議論スタート

希望の党の、外交安保調査会において、党としての外交安保政策についての議論が今日からスタートしました。私もこの議論には参加していきたいと思います。

玉木代表からは、この調査会に対して議論の方向性が示されていて、それはまず、あの安保法制について違憲との疑いのある部分をなくすこと、これはいいと思います。ただその後に、「例えば」として、存立危機事態(まさに集団的自衛権が発動される事態のことです)のいわゆる「新三要件」を厳格化する、とされています。

私はこの点が非常み気になっていて、存立危機事態の要件を単に厳格化する、ということであれば、存立危機事態、すなわち集団的自衛権が発動される事態があることは容認し前提としていることになります。

すなわちこれは、安倍総理が憲法解釈を変更して、現行憲法でも集団的自衛権は行使可能とした、あの安保法制の考え方と同じです。

私たちは民主党において、これに反対してきました。私はその考えには変わりありません。

今後の同調査会の議論に参画しながら注視していきたいと思います。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  2. 2

    橋下氏が岩上氏を名誉毀損で提訴

    橋下徹

  3. 3

    年収増で幸福なのは1000万円まで

    市川衛

  4. 4

    よしのり氏「日韓合意は失敗」

    小林よしのり

  5. 5

    菅長官 望月記者に出馬勧め挑発

    NEWSポストセブン

  6. 6

    AmazonGo一般公開 課題は万引き

    後藤文俊

  7. 7

    白鵬へ反感拡大 貴乃花側は自信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    佐藤優氏がICANと創価の縁を暴露

    天木直人

  9. 9

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

  10. 10

    「池の水~」はテレ東に合わない

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。