記事

希望の党の安保政策の議論スタート

希望の党の、外交安保調査会において、党としての外交安保政策についての議論が今日からスタートしました。私もこの議論には参加していきたいと思います。

玉木代表からは、この調査会に対して議論の方向性が示されていて、それはまず、あの安保法制について違憲との疑いのある部分をなくすこと、これはいいと思います。ただその後に、「例えば」として、存立危機事態(まさに集団的自衛権が発動される事態のことです)のいわゆる「新三要件」を厳格化する、とされています。

私はこの点が非常み気になっていて、存立危機事態の要件を単に厳格化する、ということであれば、存立危機事態、すなわち集団的自衛権が発動される事態があることは容認し前提としていることになります。

すなわちこれは、安倍総理が憲法解釈を変更して、現行憲法でも集団的自衛権は行使可能とした、あの安保法制の考え方と同じです。

私たちは民主党において、これに反対してきました。私はその考えには変わりありません。

今後の同調査会の議論に参画しながら注視していきたいと思います。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が危ない? 崩壊する新聞社

    fujipon

  2. 2

    よしのり氏「テレ朝の方が悪い」

    小林よしのり

  3. 3

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  5. 5

    F-2の後継機 F-22を土台に開発か

    ロイター

  6. 6

    熱狂が一転 ニュータウンの末路

    NEWSポストセブン

  7. 7

    愛子さま 受験組入らず内部進学

    女性自身

  8. 8

    辻元氏「戦後政治最大の汚点」

    辻元清美

  9. 9

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

  10. 10

    羽生 フィギュアの女帝と確執か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。