記事

立憲主義は本気なのか?

辻元清美がなぜ憲法改正を嫌がるのか全然分からない。
現実に解釈改憲だらけで、9条は自衛隊のまま集団的自衛権が容認され、その他の憲法条項も守られていない箇所ばかりじゃないか。

森友加計学園も公務員の義務や国家の財産の処分を規制した憲法に違反してるし、共謀罪も内心の自由を侵す憲法違反ではないか。
現在の憲法はもう、つぎはぎの穴ぼこだらけで、権力が憲法を無視しまくり!
すでに死文化してるじゃないか! 

わしは「立憲主義」を冠した政党だから、必ず立憲主義を完徹することにアイデンティティーを置く政党のはずだと思って応援してきた。
立憲民主党は、全野党の中で最もアイデンティティーがはっきりしている。
希望の党も民進党も維新の会も、何をやりたい政党なのか全然見えないから、早晩消えていく。

立憲主義を蔑ろにするなら、立憲民主党の党名を変えるか、立憲民主党から出なければならない。
新しく「護憲党」か「9条党」を作って、護憲派サヨクを糾合してほしい。

安倍政権の「加憲論」は米国に追従して「侵略戦争」に荷担する道である。
一方、「護憲絶対盲従派」は結局、集団的自衛権の容認派であり、対米追従派であることに変わりがない。 

安倍政権と護憲派は同じ穴のムジナなのだ。
どちらも「侵略戦争容認派」である。 

わしは違う。「侵略戦争否定派」である。
一番、平和主義なのが、わしや山尾志桜里や「ゴー宣道場」の支持者たちである。
「ゴー宣道場」の支持者たちよ、我々は「平和主義者」だと誇っていい。
我々は「侵略戦争」を防ぐ者たちだと誇れ!
安倍政権と護憲派は、共に「侵略戦争容認派」だという認識に立つべきである。

憲法に関する国民的議論を巻き起こすために、安倍加憲を「発議」すべしとあえて言おう。
いつまで惰眠を貪っているのだ、この国の畜群どもは!

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  2. 2

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  3. 3

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  4. 4

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  6. 6

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  7. 7

    非核化へ誠意が見えない南北会談

    団藤保晴

  8. 8

    100億円超? ZOZO前澤氏の月旅行

    THE PAGE

  9. 9

    パチンコ広げた在日韓国人の苦難

    宇佐美典也

  10. 10

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。