記事

アップルが小型スマホ「iPhone SE」の新モデル、来年発売の噂


Photo by Neil Godwin / MacLife Magazine via Getty Images

iPhone Xの製造の遅れが解消されつつある中で、アップルファンから次の注目を集めているのが、2016年の「iPhone SE」の後継機種と呼ぶべき新モデルだ。小さめの筐体にiPhone 6Sに匹敵するパワーをつめこんだiPhone SEは幅広い支持を獲得した。

2年前にiPhone SEを入手した人々は今、新たな端末への乗り換えを検討中だ。思い切って1000ドルの大金を投じてiPhone Xを買う人もいるだろうが、それよりむしろ新品のiPhone 6Sで我慢しようという人もいる。しかし、大半の人々は”今の端末と似た新しいモデル”を欲しがっているはずだ。

一部メディアはこの新端末を「iPhone SE 2」と呼び、そのリーク情報を伝えている。報道によるとiPhone SE 2は台湾のメーカーWistronのインド工場で生産されるという。アップルにとってインドは、今後の低価格帯モデル向けの重要な市場だ。

iPhone SE 2は現状のiPhone 8シリーズのようなハイエンドモデルとは別の位置づけになり、高価なFace ID機能は搭載されない。インドのテック系メディアはiPhone SE 2のスペック情報について、プロセッサは従来のA9からA10 Fusionにアップグレードされ、2GBのRAMと32GB/128GBのストレージを搭載。背面カメラは1200万画素で前面カメラは500万画素と伝えている。

ディスプレイサイズについての言及はないが、仮にiPhone SEと同じ4インチモデルになるとしたら、乗り換えを検討中の人には絶好のモデルになりそうだ。

アップルはiPhone Xでその技術力の高さを誇示したが、多くの人々が入手しやすい端末としてiPhone SEのアップグレード版をリリースするのは賢明な選択といえる。iPhone SE 2は2018年前半の発売が噂されている。

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新駐米大使で慰安婦問題が解決か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    JALの時代錯誤なアイデアに驚き

    笹川陽平

  3. 3

    志村けん新・側室はアノ女優の娘

    文春オンライン

  4. 4

    韓国の大学生調査 敵国1位は日本

    NEWSポストセブン

  5. 5

    平昌五輪 フィギュアで採点不正?

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    高木美帆&菜那「転べ」と嫉妬も

    女性自身

  7. 7

    「貧困は自己責任」落語家が炎上

    キャリコネニュース

  8. 8

    大型空母の中国vs軽空母の日本

    木村正人

  9. 9

    橋下氏 夫婦別姓の実現に究極論

    PRESIDENT Online

  10. 10

    五輪で見えた北主導統一シナリオ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。