記事

日馬富士、引退。「行き過ぎた指導」では片付けられない

大昔から大相撲の暗部と言われてきたのが暴力と八百長です。特に暴力体質は、日本人の入門志願者の低迷につながっているとの指摘もある根深い問題です。今回、ついに暴力行為をめぐる深刻な事件が発生してしまいました。

横綱・日馬富士が、貴乃花部屋所属の力士・貴ノ岩に暴行を加えた責任を取って引退に追い込まれました。このような形の引退はさぞや無念だと思いますが、記者会見における「行き過ぎた指導だった」と言わんばかりの説明には、納得しかねるところがあります。

この説明に違和感を覚えない大相撲関係者が多いとしたら、感覚が麻痺していると言わざるを得ません。いまさら「どんな理由であれ暴力はいけない」などという紋切り型の話をしたいわけではありません。言うまでもないからです。ただ、これは「指導」なのでしょうか。

日馬富士は「礼儀と礼節がなってないとき、正して直して教えてあげることは先輩としての義務。弟弟子を思って叱った」、伊勢ヶ浜親方は「よその部屋の関取に指導をして、それが行き過ぎてしまった」(伊勢ヶ浜親方)と釈明しました。

「指導のための愛の鞭だった」という趣旨の説明は、暴力問題のたびに幾度となく繰り返されてきました。しかし、今回の事件は、これまでの多くの暴力問題と違っているところがあります。親方も言っていますが、同じ部屋でもなければ同じ一門ですらない、ということです。

 同じモンゴル出身とはいえ、違う部屋の力士に「強い」指導やしつけをすること自体が異様と言わざるを得ません。部屋別総当たり制のもと、部屋が違えば対戦相手になり得ます。土俵の上ではライバルであり、個人的な人間関係に基づいて指導することがあるとしても、アドバイス程度がせいぜいであるはずです。

対戦相手との間に強い上下関係が発生すれば、真剣勝負が成り立たなくなるおそれがあります。まして、対戦相手に競技外で怪我を負わせれば「ライバルを潰そうとした」という見方が出ることは避けられません。

日本相撲協会危機管理委員会の調査でも、殴打は素手とカラオケのリモコンで20回程度に及び、シャンパンボトルを振り上げたが手から滑り落ちて大事に至らなかった、とされています。横綱・白鵬が「物を持ってやってはいけない」と制止したそうですが、これでは素手による「指導」を容認していたとの疑いを拭いきれません。

大相撲の幕内力士は年間6場所、90番も取組を行います。同じ相手とも年間6回(優勝決定戦除く)は対戦の可能性があり、緊張感を保つのは簡単ではないはずです。まして、過去に幾度となく八百長疑惑が浮上し、「故意による無気力相撲」なる公式用語までが存在する以上、力士同士の緊張感の維持は最優先されなければなりません。

日本相撲協会には、横綱の引退で「一件落着」とするのではなく、今回の事件の全容を解明するとともに、相撲ファンに対して緊張感のある真剣勝負を披露し続けられるよう、本質的な改革に取り組んでもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  3. 3

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  4. 4

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  5. 5

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  6. 6

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  7. 7

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  8. 8

    オウムがつけ込んだ日本教育の穴

    原田よしあき

  9. 9

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  10. 10

    プライムデー Amazon製品半額も

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。