記事

朝日がまた印象操作 正確な報道がなぜできないのか

朝日新聞がまた印象操作的報道を行った。

もうこれは意図的にやっていると断じざるを得ないのではないか。

朝日新聞は今日の朝刊で
「価格調整追及、新たなメモ 森友国会」との見出し、
記事本文中でも
「野党側は30日、新たなメモも示して追及」と記しているが、
このメモはテレビ朝日がすでに8月に報道しているもの。
(http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_economy/articles/000106957.html)

質問した議員はパネルで、メモはANN(テレビ朝日)のニュース画面をそのまま転載したものと明示しANNのロゴも入っていたが、
朝日新聞は
「傍らのパネルには、スケッチブックに手書きされたメモの写真」と、
すでに報じられているものであることに全く触れず、さも今回新たに発掘された資料のように報じている。

こう指摘されると朝日は「国会審議では初めて出たメモ」と反論するのかもしれないが、この記事からそう思う人がどれだけいるだろうか。

朝日で記事の編集権を持つ人物は、こうした報道は情けないと思わないのだろうか。

朝日においても現場で正確な報道に努めようと頑張っている記者がいる。

こんな報道ではそうした記者達が本当に可哀想だ。

朝日新聞はこのような印象操作的報道を今年になって特に重ねてきた。

もう再生は不可能なのだろうか。

『(時時刻刻)価格調整追及、新たなメモ 森友国会、野党「国と口裏合わせ」』(朝日新聞)
http://digital.asahi.com/sp/articles/DA3S13253422.html

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  3. 3

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    父が殺人犯に 加害者家族の現実

    fujipon

  5. 5

    「結婚は人生で1回だけ」に疑問

    AbemaTIMES

  6. 6

    ビットコイン先物でバブル崩壊も

    藤沢数希

  7. 7

    大企業の不正「なれ合い」が原因

    田原総一朗

  8. 8

    就職人気企業 電通が26位に降格

    キャリコネニュース

  9. 9

    高齢夫婦の海外旅行は避けるべき

    PRESIDENT Online

  10. 10

    ちょっと早めのセクシーサンタ姿

    グラドル自画撮り部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。