記事

繰り返すネット善悪論争 座間事件後、新聞はSNSをどう論じたか? 読売の危険論、毎日の「産後を救う」記事 - プチ鹿島

 約1か月ほど前に、「容疑者の過去よりも知りたいこと 『座間9人遺体事件』を読み比べる」を書いた。

 容疑者の人生よりも被害者の実情や今後の対策を書いた記事を読みたいと思ったのだ。それに加え「ネット=危険」という論調が多かったのも違和感があった。とくに、擬人化すればおじさんであろう「新聞」にそのご意見はみられた。

おじさんによる説教だけでいいのか?

 たとえばこれ。

「異常犯罪が映すSNSの危険」(読売新聞 11月3日)。


読売新聞 11月3日朝刊 社説より

 つまりこれは「おじさんによる説教」である。

 社説の締めは、

《一時的な感情に基づく書き込みが、思わぬ危険を招く。ネット世代に周知すべき教訓である。》

 しかし自殺問題に取り組んでいる専門家の言葉が紹介されるにつれ、ネットで「死にたい」とつぶやく利点もあることを私は知った。身の周りでは打ち明けられないけど匿名で誰かと会話することで救われることもある、と。

 先週になると東京新聞が夕刊1面で、

「現状でSNSの利用を制限すれば、かえって孤立感が高まる可能性がある。まずは若者たちの声をそのまま受け止めることが大切だ」

 というコメントを載せた。若者の悩み相談などを受けている認定NPO法人代表の言葉である。

辛ければどんどんつぶやけばいいのだ

 そうか、日常がいろんな理由で辛ければどんどんつぶやけばいいのだ。そんなことを思っていると毎日新聞の生活面に特集が。

「ツイッターが産後を救う」(11月22日)


11月22日毎日新聞朝刊より

 赤ちゃんの夜泣きに悩むママたちがSNSで本音でおしゃべりをする。

「親世代や先輩ママからの『昔はこうだった』『いずれ楽になる』というアドバイスが、かえって苦しい時もあるんです。だからといって同情してもらっても何も解決しません」

「妊娠前からの友人に育児の弱音は吐けないし、現実のママ友に心配をかけるのも怖い。結局きれいごとを言ってしまい、悪い母親の自分を見せることができない」(以上、都内の会社員のコメント)

 そんなときに助かるのがツイッター。例えば夜泣きで起きたら「夜勤発生」とつぶやく。するとすぐに反応が来る。

「ツイッターはオンラインの夜泣き小屋」

「この世界に泣いている我が子と自分が2人きりなのではないかと錯覚するほど孤独な時間に、あちこちで夜勤が発生していると思うと気が楽になるんです」(同)

 自殺を考えるほど疲弊したつぶやきと、子育てのつぶやき。事情は異なれどツイッターを利用することで日常での孤独感が救われているのが共通点だ。

 ほかには「夜泣き小屋」も紹介されていた。宮城県の30代女性、かねもとさんが自身の育児経験をもとに描き、SNSで3万件以上拡散された。かねもとさんは「現実には小屋は作れないけれど、ツイッターはオンラインの夜泣き小屋になり得る」と述べる。


©iStock.com

《「夜泣き小屋」の魅力は、誰でも飾らない自分をさらけ出せる点だ。出入りも自由で、緩く広くつながれる。顔が見えない状態で本音を吐けるツイッターも、最初から「弱い自分」を認め合ったうえで、気が合う相手と関係を築ける。》

 身の周りでは打ち明けられないからこそ匿名の空間が役立つ。

SNSは闇でもなければ悪でもない

 この「ツイッターが産後を救う」が掲載された日の社会面には「座間殺害事件」の記事も。

「SNSで100回以上 しつこく女性誘う」(毎日新聞 11月22日)

 容疑者の手口が明らかになりつつある。セキュリティー会社客員研究員・七條麻衣子氏のコメントが載っていた。

《トラブルに巻き込まれそうな書き込みを見つけた場合は、利用者同士で声を掛け合う「おせっかい」が必要だし、悪意を持って近付いてくる人間がいることも子どもたちに伝えるべきだろう。》


©iStock.com

 一方で、SNSそのものに対しては次のように語る。

《ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は、抱えている気持ちを発散し「自分はここにいてもいいんだ」という承認欲求が満たされる場所になっている。》

《投稿を規制すべきだとの意見もあるが、ネットを通じて相談相手を見つけること自体を批判してはいけない。思いを吐き出す場が奪われれば、弱った若者をさらに追い詰めかねない。》

 ネットに救われている人にとっては、これもホッとする言葉だろう。

 SNSは闇でもなければ悪でもないのだ。

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  4. 4

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  5. 5

    亀岡市暴走事故の加害者を直撃

    NEWSポストセブン

  6. 6

    子宮頸がんワクチン男性にも効果

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    立民・枝野氏「法人増税が必要」

    ロイター

  8. 8

    NHKが受信料合憲で背負った責任

    WEDGE Infinity

  9. 9

    小池劇場の終焉を天敵記者が激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。