記事

11月30日(木)ムネオ日記

 昨夕から今朝のテレビは日馬富士引退の話題である。

コメンテーターもどれほど大相撲のこと、日本相撲協会のことに精通しているかわからないが、無責任な興味本意の話をしている。週刊誌に出ている記事をもとに、それが真実の様に話す人もいる。

 16年前、メディアスクラムによるムネオバッシングに見舞われたが、「ムネオハウス」「アフリカODAにからみ、疑惑の総合デパート、総合商社」と揶揄されたが、これらで私が事件になったことはない。

 検察の一方的リークにより、世論に一定の悪い印象を与えることによって世論がそんな悪い奴はやってしまえという空気になる。この点が一番怖いのである。こうした経験をした私は冷静に今回の日馬富士の件を見てきた。

 暴力はいかなる理由があるにせよ、あってはならない。この点「横綱としての責任」を取るのはやむを得ないことだ。

 あわせて巡業部長である貴乃花親方が、事件が起きたことを速やかに協会に報告していれば間違った情報や面白おかしく話題になることはなかったのではないか。

 そもそも「ビール瓶で殴った」という事実でない話が一人歩きしてしまった。

誰が流したか協会は把握していることと思うが、国技大相撲を愚弄(ぐろう)するとんでもないことである。

 日馬富士、貴ノ岩当事者が翌日和解しており、九州場所2日目突如スポーツ紙に載ってから事態がおかしな方向に行ってしまった。

 今日、貴乃花親方は「正々堂々と相撲を取ることが親睦ではないか」と述べているが、土俵で真剣勝負する相撲を親睦というのはどう考えても無理があるのではないか。

 神聖な土俵での行為を親睦という頭作りが解せない。力士は身体を張って親睦でなく、大相撲を取っているのである。

「日本相撲協会を私物化しようとしている者を表沙汰にし、改革の仮面をはがさせないと駄目だ」という厳しい指摘が今日も寄せられた。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  6. 6

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  8. 8

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  9. 9

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  10. 10

    寝落ち必至 睡眠ビジネスが拡大

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。