記事

山根弘行が言う! 目玉不足の地味な「紅白歌合戦」出場者

1/2
BLOGOS編集部
例年より2週間も早く、今年の「NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表されたが、正直言って「拍子抜け」、ガッカリだった。

目玉がいない!

筆頭は、来年9月で芸能界から引退する安室奈美恵だ。当然、引退するワケだから来年出ることはない。「ラスト紅白」ゆえにNHKの力、〝引き〟に期待していたが、現時点での発表はない。もちろん、視聴率が間違いなく取れるので、NHKは最後の最後まで交渉を続けるハズだが、実現は難しいと言わざるを得ない。

安室は1977年9月20日、沖縄生まれの40歳。沖縄アクターズスクールへ通うも、家庭の事情から月謝が払えないとの理由で一度は入校を断念。小学生時代は片道約1時間半の距離を徒歩で週3日通う生活を送っていたが、その「ハングリー精神」こそが、彼女の「常に上を目指す」基礎を作り上げた。

入校時は人見知りが激しく引っ込み思案であったが、徐々に才能を開花させスターダムに。自分のスタイルを頑固なまでに貫き通し、権力に迎合しない安室の潔さ。その「カッコ良さ」が同世代~若者に受け入れられ、彼女をNO.1歌姫、スーパースターへと押し上げた。大みそかに彼女の歌う姿を見られないのはちょっぴり残念だが、最後まで「安室流」を実践した彼女に大きな拍手を送りたい。

何故、「ひよっこ」の桑田佳祐がいない

桑田佳祐がいないのも、何故だ!?

来年、芸能生活40周年のメモリアルイヤーを迎える。

主題歌「若い広場」を歌った朝の連続テレビ小説「ひよっこ」は高視聴率を記録し、主演の女優・有村架純は2年連続の「紅組」司会者に抜擢された。有村も桑田との共演を熱望し、NHKサイドも安室同様、最後まで出演交渉を続ける構えだが、意外と難しいかも知れない…。

今年初の4大ドームツアーを成功させるなど、勢いに乗る男女ユニットAAAが落選したのもびっくりだ。昨年まで「紅白」に7年連続で出場。メンバーに男女いて、紅組と白組のどちらでも出場できるので〝使い勝手〟が良かった? しかし、ここ数年は人気に実力が伴い、「今年は文句なし」の下馬評だっただけに、意外だ。

まさかの落選となった背景には、どうやら所属レコード会社の『思惑』が影響した!? 初出場を決めた三浦大知は今年でデビュー20周年。なんとしてでも出場させたかったようで、同じレコード会社のAAAが〝あおり〟を食った可能性もある。

あわせて読みたい

「紅白歌合戦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏「日本政府はダメダメ」

    橋下徹

  2. 2

    段ボール32箱 捏造データ姿現す

    田中龍作

  3. 3

    「性奴隷」発言の韓国閣僚は奇怪

    岩田温

  4. 4

    よしのり氏「安倍首相を評価」

    小林よしのり

  5. 5

    裏社会を感じるシェアハウス業界

    ヒロ

  6. 6

    ホンダジェット世界首位の価値は

    片山 修

  7. 7

    よしのり氏 東京新聞はおかしい

    小林よしのり

  8. 8

    日本を分断する母への歌詞批判

    幻冬舎plus

  9. 9

    カー娘・藤沢の韓国人気は本当か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    生徒の負担軽視する部活見直し案

    学校リスク研究所 内田良

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。