記事

憲法改正、公正・公平報道の重要性

極めて政治性の高い議論となる憲法改正。

本日の憲法審査会において、国民投票が、時の政府への賛否投票、すなわち信任投票になりがちであり、それが何の事項についての投票なのかを、公平・公正なプロセス経緯を経て、客観的で正確な情報提供がされることが課題であると、英国議会視察で聴取出来たという報告されました。

日本国憲法改正に関する国民投票が実施された場合に、果たして報道が、国民に提案される質問内容に関し、公平・公正な報道をするのかどうか心配でなりません。これまでの報道姿勢から想像するに、残念な状態になるのではないかと危惧するのは私だけではないと思います。

これまでも、戦争法??共謀罪??そんな法律は審議されていないにもかかわらず恣意的な意味を込めてやりたい放題。足立議員の主張全てに賛同はできませんが、重要な論点だと思います。
http://www.sankei.com/politics/news/171130/plt1711300021-n1.html

我々議員も、政局を排除し、純粋な中身の議論を行うことができるかどうかが問われます。一方、報道においては、その審議から恣意的な感情や主張を排除し、公平・公平に報道してもらいたいと期待するしかありません。あくまでも、「期待」です。「異論申す」、「注文」をつければ、「議員が圧力をかけた」云々と、過敏な反応をされるので気をつけたいところであります。

他にも、共産党委員より発議そのものが違憲だ、暴挙だなどとというような論調が主張されましたが、全く指摘は当たりません。憲法がその手続きを96条で認めております。改正という手続きに関する条項が憲法に存在するのですから、それを履行することのどこが問題なのでしょうか??

憲法改正は国民が行うもの。発議は国民によって選挙で選ばれた衆参両院議員の2/3をもって行われますが、あくまでも発議という手続きが行われるだけ。改正の決定は国民投票において、国民が行うのです。そして、違憲だと判断するのは立法府ではなく、裁判所です。場を弁えた議論をして頂きたいと希望いたします。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    籠池夫妻の「長期勾留」は問題

    常見陽平

  2. 2

    カーリング藤澤五月の誘惑で決着

    文春オンライン

  3. 3

    米軍艦「中国空母に接近せよ」

    文春オンライン

  4. 4

    夫の不倫証拠にGPS 落とし穴も

    女性自身

  5. 5

    香取慎吾 東スポ引退報道イジる

    文化通信特報版

  6. 6

    北野武 大杉漣さんへ思い溢れ涙

    女性自身

  7. 7

    下町ボブスレー 敗因は検証不足?

    美谷広海

  8. 8

    カー娘叫ぶ「れんたろー」の正体

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下氏 二重国籍は堂々と認めよ

    橋下徹

  10. 10

    カーリング藤澤に脚光で喜ぶ企業

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。