記事

貴乃花の〝孤立主義〟ならぬ〝ガチンコ主義〟 - 赤坂英一 (スポーツライター)

 大相撲の日馬富士暴行問題で、その是非や真相はともかく、改めて感心させられたことがひとつある。日馬富士に殴られた貴ノ岩の親方・貴乃花の頑ななまでに他者を寄せつけない〝孤立主義〟、と言って聞こえが悪ければ徹底した〝ガチンコ主義〟だ。

 今回の事件では、貴乃花親方がふだんから貴ノ岩に対し、日馬富士や白鵬、鶴竜ら同じモンゴル人力士と付き合わないよう厳命していたことが明らかになった。国技館や巡業先での雑談はもちろん、モンゴル人同士の飲み会に顔を出すなどもってのほか、だというのだ。貴ノ岩だけでなく、自分の弟子全員に、他の部屋へ出稽古に行かないこと、他の部屋の力士たちと必要最低限の挨拶以上のコミュニケーションを取ることを厳に禁じている。

 このあまりに閉鎖的な指導方針には批判も多く、相撲協会から再三事情聴取に協力するよう求められても頑として拒否したあたりはいささか大人げなかったかもしれない。が、協会の執行部や白鵬が牛耳るモンゴル人力士たちとの間に一線を画そうとする姿勢自体は大いに結構。むしろ、談合、馴れ合い、密室政治がまかり通っている角界にあって、最もまともではないか、という気さえする。

 私は数年前、モンゴル人力士たちの宴会に取材で出席したことがある。白鵬や鶴竜らをはじめ、部屋の異なる力士たちが仲良く一緒に焼き肉を平らげ、カラオケボックスのVIPルームで延々と大騒ぎしていた。彼らの多くは当然、本場所後にモンゴルへ一時帰国するときも同じ飛行機に乗り、母国でもまた一緒に酒を飲む。昔はそこまで同行取材した。

 そんな同国人同士の交友自体は責められることではないにせよ、ふだんプライベートでそこまで親密な付き合いをしていて、本場所の取組でどこまで本気で戦えるのか。相手の顔面を鼻血が出るまではたき、土俵下へ突き落とすことができるのか。もっと公私の区別をつけるべきではないか、と疑問に感じたのも確かである。

 現にここ数年、モンゴル人力士同士の〝無気力相撲〟は、取材している報道陣の間でもしばしば話題になっていた。取組によっては明らかに力を抜いている力士がおり、土俵を割る際に笑みさえ漏らしている表情がカメラに捉えられることも珍しくない。一部週刊誌で報じられている「星の回しあい」や「互助会相撲」があるとは言わないが、貴乃花が貴ノ岩にモンゴル人力士との付き合いを禁じているのもむべなるかな、とは思わせられる。

喧嘩腰の姿勢

 一昔前は、プロ野球でも他チームの選手、コーチ、関係者との交友を禁止している監督がいた。とりわけ中日監督時代の星野仙一(現楽天球団副会長)は厳しく、試合前に相手の選手と雑談をしただけで激しく叱責されたという。球界の慣例として、相手チームに高校や大学の先輩がいたら、後輩のほうから挨拶に行かないわけにはいかない。「でも、その先輩に話しかけられ、雑談に応じている姿を星野さんに見られたら、あとでどんなに怒られるかわからない。だから、先輩に挨拶するタイミングを計るのも一苦労なんだよ」と、当時の中日選手はもらしていた。

 最近は、侍ジャパンで異なる球団の選手が一緒にプレーする機会が増えたこともあり、試合前に敵同士のはずの選手が雑談している姿は珍しくなくなった。試合前、よく巨人の野手と話し込んでいた広島の投手に、「試合になったら内角へは投げづらいんじゃないの?」と聞くと、「いや、ふだん仲よくしているからこそ試合ではしっかり抑えなきゃと思うんですよ」と言われた。一方で、「やっぱりインサイドは攻められなくなりますね。とくに奥さんや子供の写真とか見せられてると、ぶつけちゃまずいと思うもんな」という投手もいた。たぶん、こちらのほうが多数派だろう。

 正直、私は星野さんが苦手だったが、いつも喧嘩腰で野球をやっていた姿勢は正しいと思う。いまのグラウンドからは、かつての息詰まるような緊張感やギスギスした雰囲気はすっかり失われてしまった。投手なら打者にぶつけるぐらいの気迫で投げろ、と私などが大声で言うことすら躊躇われる。プロ野球がそんな時代だからこそ、騒然とする大相撲で黙々と〝ガチンコ主義〟を貫く貴乃花親方を応援したくなるのだ。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「避難しない老害」で人災が拡大

    かさこ

  2. 2

    「予約やめて」食べログの裏事情

    内藤忍

  3. 3

    炎上女性議員を守らない自民党

    井戸まさえ

  4. 4

    医学部が裏口入学やめられぬ実態

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    日本人が巨乳化 胸の谷間で論争

    AbemaTIMES

  6. 6

    高額ギャラで寄付集める24時間TV

    渡邉裕二

  7. 7

    客は神様? 改めれば接客に好循環

    内藤忍

  8. 8

    銀座ママが見た成功者の行動力

    MONEY VOICE

  9. 9

    2時間43分 枝野氏演説は税金浪費

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    杉田水脈氏「自民党でよかった」

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。