記事

日馬富士は引退という形でけじめを付けたが、何のけじめも付けていない人がいるぞ

どこの世界でも不祥事は隠したがるのが人情だが、しかし、隠していたのでは不祥事の温床を取り除くことは出来ない。

横綱日馬富士が今日、引退を決めたが、これはこれでよかったと思う。
相撲協会としては出来れば穏便に済ませたかったところだろうが、世間の注目を浴びている中でいい加減な措置は出来なかったということだろう。

酒の席でも絶対に暴力はいけない。
たとえ郷里の先輩で横綱であってもリンチ紛いの暴力はいけない、ということである。

日馬富士についての刑事処分がどうなるか分からないが、角界からの引退という形でそれなりの社会的制裁を受けた、ということであれば、検察官もそれなりの処分をするはずである。
まあ、粛々と処分を待つのがいいだろう。

変な妥協をしなかった貴乃花親方は、立派なものである。
スポーツ評論家をはじめ妙に貴乃花親方をディスる人たちが現れたが、貴乃花親方がまったく怯む様子を見せなかったのには感心した。

今回の事件で、角界の暴力的体質や不祥事隠蔽体質は相当改善されるはずである。
これはこれでいい。

しかし、組織ぐるみで隠し事をしているのではないか、と疑われながら、関係者の誰一人何のペナルティを受けてないと思われる世界がある。

何だか、隠し通しきった人が勝ち、という印象が残っている。

隠し通したから栄転したのではないかと言われるのは、ご本人たちにとっても決して名誉なことではないと思うが、さて、この人たちにはどんなけじめを付けてもらうのがいいのだろうか。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  3. 3

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  6. 6

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  7. 7

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  9. 9

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  10. 10

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。