記事

幸せな国ほど税金が高い

先週「世界ふしぎ発見!」でデンマークを取り上げていた。デンマークは世界トップクラスの幸福度を誇る国だが、国民負担率(社会保障負担率+租税負担率)は7割に達するという。国民負担率は高いが、医療費・教育費は無料で環境にやさしい社会を築いているから幸福度は高いという。

このことを一度書こうと思っていたところ、今日CNBCにThe Happiest countries pay some of the highest taxes in the worldという短い記事が出ていたので、まず記事のポイントを紹介しよう。

国連の最近の幸福レポートによると、幸福国のトップテンはノルウェイ、デンマーク、アイスランド、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンである。

各国の国民負担率の比較について、財務省の公表データを見ると、デンマーク70.1%、フィンランド63.8%、オーストラリア62.6%と日本の42.2%に較べると20%以上高い。例外はスイスとカナダでそれぞれ国民負担率は32.7%、44.1%と国民負担率は低いが幸福度は高い。

スイスの幸福度が高い背景には、ヘルスケアシステムが素晴らしく医療費が国家財政を圧迫することがないとか生産性が極めて高いといったことが挙げられている。もっとも物価が高いなどそれなりの悩みはあるようだが。

論語に「苛政は虎よりも猛なり」という言葉がある。過酷な税金やひどい政治よりは虎の方がましという意味だ。

ひどい政治はたまらないが、税金や社会保険料は高くても、正しく社会福祉に使われていると国民の幸福度は増すということをデータは示している。

幸福度の高い国は「社会的信頼」と「健康な生活」を目指して、「強固な社会基盤の構築」を最優先に政策のかじ取りを行っているのである。そしてそれなりの負担を国民が担っているのである。ローコストで幸福度を高める方法はないということだろう。

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  6. 6

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  9. 9

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  10. 10

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。