記事

子どもたちみんなのためを考えるなら、乳幼児を「議場」へ入れるべきではありません。

1/2

熊本市議会で、育児中の女性市議が生後七ヶ月の赤ちゃんを連れて議場に入場した件が論議を呼んでいます。私のFacebook上で見解を提示したところ、多くのご意見をいただき、概ね方向性が見えましたので、記事としてまとめてみたいと思います。

保育士付きで別室に預け、本業に集中すべき。なぜ「議場」に入れたがるのか。

結論としては、「保育士付きで別室に預けるべき」でほぼ決まりだと私は考えています。沖縄県北谷町議会では、このような対応が全会一致で決定し、円満に解決しています。

宮里議員、娘と登庁 控室を保育スペースに 北谷町議会、全会一致で実現 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース

どうして「議場」に入れたがるのでしょうか。議員は、議論をするのが本業です。その本業によって、教育、保育、子どもの貧困など、子どものための政策実現に邁進することが、私を含めた「子育て議員」に課せられた使命です。

議場は、その本業を行うための場です。本業がおろそかになるような行動は避けるべきであると考えるのは、プロフェッショナルであれば当然でありましょう。子どもが騒ぐことを止めることはできません。乳幼児の議場への入場をいったん許可したら、例外なく許可しなければなりません。

ずっと泣き続ける赤ちゃんでも、すぐケンカする幼児でも、さらに全議員が子どもや孫を連れてきても許可しなければなりません。そんな状態でまともな議論ができるとは、到底考えられません。教育の問題、保育の待機児童、子どもの貧困など、子どものための政策の議論も阻害されるおそれもあります。

「子どもたちみんなのため」を考えるなら、我々議員は、本業に集中できるような議会環境の整備を進めるべきなのです。すなわち「保育士付きで別室に預ける」、これでいいではないか、としか言いようがないのです。

「問題提起」なのか? パフォーマンスなのか?

なぜ、熊本市議会ではこのような解決法に進まなかったのでしょうか。本人の主張としては、荻上チキさんによるインタビュー記事がわかりやすいです。

荻上チキ 赤ちゃんと議場入りした緒方夕佳・熊本市議インタビュー

ただ、冒頭の経緯説明で、既におかしいと感じられます。

最終的に緒方夕佳議員は長男を友人に預け、市議会は定刻よりおよそ40分遅れで開会しました。

預ける友人がいるじゃないか

ということです。

急に頼んだのなら、たった40分の遅れで済むでしょうか?平日の日中、突然電話して、「ごめん、子どもを預かって」と言って、40分以内に対応できる友人がいるとしたら、相当に恵まれているんじゃないでしょうか。

「議場への連れ込みに失敗したときに備えて、あらかじめ頼んでおいた」可能性が高いのではないかと私には思われるのですが、違いますでしょうか。

預ける友人がいるのに、こんな騒ぎを起こすのはなぜでしょうか?

また、このTBSニュースの映像も「なぜ撮れたのか」という疑問が湧きます。緒方市議が呼んだのか、それとも別の理由で、議長があらかじめ撮影を許可していたのか。熊本市議会では、別の市議のパワハラ問題で特別委員会が設置されるまでの騒ぎになっていますので、その関連でマスコミが入っていた可能性もあります。それを狙って、緒方市議が行動を起こしたという見方も可能です。

様々な角度から見て、パフォーマンスだったのではないかと受け取られても仕方がない状況です。問題提起がしたかったのだ、という主張もありました。しかし、こんなやり方での問題提起が必要なほど、熊本市議会は子育てに理解がないのでしょうか?

聞き及んだ話ですが、熊本市議会は、子どもを視察に同行させることを認めているそうです。これはすごいことです。確かに、視察により一泊二泊するときに、子どもの預け先を見つけるのは簡単ではありません。子連れ視察を認めてもらえれば、子育て議員としては大変助かりますね。

熊本市議会、かなり子育てに理解があるではありませんか。少なくとも、私の知っている範囲では、子連れの視察を認めているところはありません。(他の事例がありましたら、お教えくださいm(_ _)m)

本当に、話し合う余地はなかったのでしょうか。上記のインタビュー記事は、あくまでも本人の主張です。公平を期すなら、熊本市議会の他の議員や市議会事務局のコメントも取るべきでしょう。こういうやり方での問題提起が、本当に子育て議員のための環境整備につながるかどうかは疑問です。

逆に、この騒ぎのせいでそうした議論が忌避されるようになってしまい、議論が後退するおそれもあります。また、議員は普通のサラリーマンに比べて、時間調整がやりやすいことも触れる必要があります。

文京区の成澤廣修区長は「育休区長」として有名になりましたが、特段制度として区長の育休を整備したわけではなく、地域まわりなどの活動を整理し業務を最小限にすることで「なんちゃって育休」の形を取った、と成澤区長本人のお話をお聞きしたこともあります。

普通のサラリーマンには、こんな時間調整はできません。待機児童問題がなかなか解決しない中、議員が自分だけ特権を押し広げるようなやり方をどこまでやっていいものか、世間とのバランスを考えながら行動する必要があるのではないでしょうか。

海外の事例は本当に「子どものため」になってるのか

私のFacebook上の議論では、海外の事例を紹介した記事を引用した方もいました。

熊本市議会で赤ちゃん連れ議員の出席認められず…でも、世界にはこんなにいます

ただ、当初は議長から注意や警告を受けたり、他の議員や外部から批判を受けたりしています。北谷町議会が円満解決したのとは、だいぶ異なる様子が伺えます。本当に問題解決しているのか、子どもがみんなに歓迎されるようになったのか、既成事実を押し通しているだけなのか、この記事ではわかりません。

また、子どもを議場に入れることによるデメリットも、この記事では語られていません。本業に影響が出てないかどうかは、この記事からはわかりません。何より、それは本当に赤ちゃん本人のためになっているのでしょうか?議場は、間違っても子どもにとって快適な環境とは言えません。保育士付きの保育スペースのほうが、よほど子どもにとって快適でしょう。

なんのためにこんなことをするのか。冷静に、子どもたちのためになるのはどういうやり方か、子どもの立場に立って考えるべきでしょう。

あわせて読みたい

「熊本市議の子連れ出席問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  4. 4

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  5. 5

    亀岡市暴走事故の加害者を直撃

    NEWSポストセブン

  6. 6

    子宮頸がんワクチン男性にも効果

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    立民・枝野氏「法人増税が必要」

    ロイター

  8. 8

    NHKが受信料合憲で背負った責任

    WEDGE Infinity

  9. 9

    小池劇場の終焉を天敵記者が激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。