記事

ブラック・フライデー、オンライン売上高は過去最高を更新

[画像をブログで見る]

Black Friday, Thanksgiving Day  Online Sales Hit Record High.

今年も、ホリデー商戦がやって参りました。

消費者センチメントがITバブル期、2000年以来の高水準近くで推移し、資産価格の上昇が熱気を煽るなか、今年も幸先の良いスタートを迎えております。

アドビ・アナリティクスは、感謝祭のオンライン売上高が前年比18.3%増の28.7億ドル、本命のブラック・フライデーは16.3%増の50.3億ドル発表しました。もちろん、共に過去最高を更新しています。感謝祭明けの月曜日、サイバー・マンデーの売上高は16.5%増の66億ドルに達する見通しです。

11月1日から24日、ブラック・フライデーまでのオンライン売上高は17.8%増の383億ドル。人気商品はグーグルのクロームキャストや動画ストリーミング機器のロクのほか、任天堂の”スイッチ”、タカラトミーのHatchimals(日本名ウーモ、たまごっちのような玩具)、子供向けヒーローのPJマスクなどが挙げられていました。

小売売上高でみたオンライン売上高は9.1%ながら、ホリデー商戦では話が変わります。eマーケターによれば2017年は11.5%と見込まれ、2016年の10.6%を上回る公算なんですね。

アマゾンも、ブラック・フライデーの売上高が”過去最高水準”と表明し、最初の5時間で20万件もの玩具が飛ぶように売れたといいます。オンライン売上が絶好調な半面、既存店は芳しくありません。ショッパートラックは、ブラック・フライデーの既存店客足数に対し「前年比1%減少」と報告。感謝祭とブラック・フライデーの2日間では、2%減でした。

全米小売業協会(NRF)の調査をみても、オンライン売上を好む傾向が見て取れます。ギフトの考える上で仕えるメディアとして、TVが比較的優位を維持する一方で、フェイスブックやインスタグラムなどの存在感が増してきました。

survey
(出所:NRF、数字は%で複数回答)

買い物する上での判断材料も、1位は無料配送で64%、2位が伝統的な売上拡大戦略である時間限定の値下げキャンペーンで50%に入りつつ、3位にはオンライン購入で既存店受け取りが33%となりました。オンラインに関わる回答が目立ちます。

既存店にとっての望みは、オンライン購入での受け取り基地を販売増に繋げることでしょう。買い物の判断材料には、依然としてカスタマーサービスの重要性を挙げる声が22%確認できるため、ビッグデータを活かしたサービスのカスタマイズなど質の高さが求められそうです。

(カバー写真:D1v1d/Flickr)

あわせて読みたい

「ブラックフライデー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  3. 3

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  4. 4

    がん患者へのヤジ議員 差別訴え

    猪野 亨

  5. 5

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  6. 6

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  7. 7

    安倍官邸が検察の森友捜査介入か

    田中龍作

  8. 8

    よしのり氏 靖国参拝をした理由

    小林よしのり

  9. 9

    北欧の性教育に女子大生が驚愕

    SmartFLASH

  10. 10

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。