記事

ポケモンGOで5ヶ月に256人も交通事故死か!?

ポケモンGOのリリースから148日間で、米国では運転中にポケモンGOで遊んでいたために起こった交通事故は14万5632件、負傷者2万9370人、死者256人、経済的損失は20~73億ドルと推定される」

「この結果はspeculative=推論=に過ぎない」と断っているものの、なんとも衝撃的な数字を<Death by Pokémon GO>という論文で公表したのは名門校の一つパデュー大学インディアナ州ティピカヌー郡)の二人の経営学教授です。

論文で「推論に過ぎない」と強調しているのは、大学のあるティピカヌー(Tippecanoe)郡での調査/分析結果を単純に全国レベルに当てはめたためのようです。では、その調査はどのように行われたのか。論文には難しい計算式も出てきますが、理解の及ぶ範囲で記録しておきます。

調査は郡内3つの警察署と1つの保安官事務所の協力を得て、ポケモンGOがリリースされた2016年7月6日以前の8505件、同7月6日から10月30日まで(148日)の2850件、計1万1355件の交通事故報告書を分析しました。

手法は、ポケモンGOのアイテムを入手できる場所であるポケストップ(PokéStop)の近辺100メートル以内で起きた事故と、それ以外の場所で起きた事故に分類して、それぞれ集計し、分析しました。

その結果、郡内に615箇所あるポケストップ近辺での事故件数は148日間で134件も増えていました。その間、郡内全体の増大数は286件でした。このため、論文では、増えた分の47%が運転中にポケストップに気を取られたせいだろうと判断したようです。

同じ期間に、ポケストップ近辺での交通事故で負傷者は31人増え、死者も2人増えていたそうです。

またポケストップ近辺での事故での車両被害額は約50万ドル分増え、人身事故による補償分や生涯所得の損失分などでの経済的なロスの増大額は500万ドル近いと見ています。

これらをベース(実際には、細かい計算式が多用されていますが)に、米国全体に押し広げた推計値が冒頭の数字になったのです。

日本では、ポケモンGOが始まった頃、ながらプレーは危険、という指摘がありましたが、最近はそうした記事も見かけません。情報サイトExtreemのまとめ記事によると、自動車運転中のポケモンGO絡みの死亡事故が、日本では比較的少ないせいかもしれません。

それに比べると、いくら、米国が自動車大国とはいえ、パデュー大学の論文が示す推計値は大きすぎるような気がします。調査期間の最後の昨年10月末以降の1年余も、このペースで死者が増えていればポケモンGOによる交通事故死者は1000人ほどにもなってしまいますし。ですが、ポケモンGOのながら運転を戒める意味では、多少、大げさでもいいのかもしれません。

あわせて読みたい

「ポケモンGO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  6. 6

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  9. 9

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  10. 10

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。