記事

湘南美容外科クリニック創業者が業界タブーに切り込み続けた”メス”

1/2

 一昔前までは"少し後ろめたいこと"だった美容整形。日本の美容業界に新風を吹き込み、キレイに変身する行為としてぐっとハードルを下げたのが、「好きな言葉は情熱です」でおなじみの湘南美容外科クリニックだ。

 施術後の女性に話を聞くと「可愛いって言われることが多くなったし、自分でもそれを受け入れられるようになった。自信を持てるようになった」と笑顔で答えてくれた。別の女性も「コンプレックスが解消されたことで他のところにまで目が行くようになった」と話す。

 変わったのは外見だけではなく、内面までも変えていると指摘するのが、創業者の相川佳之(47)だ。「胸が小さい人が猫背になったり、顔が大きい人が髪を伸ばして隠したり。一つ開放するだけで表情が明るくなったり周りから扱われ方が変わる」。

 開院した2000年以降成長を続け、現在では全国72のクリニックを展開する湘南美容外科クリニック。 もともとは美容整形専門としてスタートしたが、現在では審美歯科、薄毛治療、不妊治療、眼科まで展開。年間来院者数は100万人を突破。リピーター率も90%を誇るという。

 その名を一躍有名にしたのが、今では当たり前となっている料金体系の「見える化」だ。ホームページには脂肪吸引10万円〜、シワ取り3640円〜、二重整形2万9800円〜などと記されており、低価格であることも強みの一つだ。さらにユニークな取り組みとして注目されたのが、施術前後の様子をホームページで公開したこと。今では掲載写真は16万点を超えている。

■整形の1年前から審査がスタートするオーディション「整形シンデレラ」

 さらに女の子の夢を応援することを目的とした「整形シンデレラ」というイベントも開催している。だ。今年で3回目を迎えるイベントのエントリー数は500人にも上る。

 「腫れぼったい目をしていたからお兄ちゃんから起きて何時間もたっているのに『今起きたの』って何気ないイジリを受けていた。それが嫌だった」と話すのが、第1回ファイナリストの鈴木渚さん。「みんなは友達じゃなく、ライバルなので楽しいだろうけど、これはオーディション。整形をきっかけに変われますってアピールができるかなんですよ」と真剣な眼差しで語る。

 オーディションは整形の1年前から始まり、人気モデルが出演するガールズアワードのランウェイを目標に外見はもちろん、自分がどれだけ変われたのか、内面まで審査される。

 「(整形後に)実感するのは、外面から内面を変えること。本当にその人自身が変わってくる。中には引きこもりだった子が整形をきっかけに外に出られるようになった。外面から内面が変わり、その人の人生が変わる。美容医療の偏見みたいなものを改善したいと思った」(相川院長)。

あわせて読みたい

「整形手術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  2. 2

    NPOに持論語る 経産相答弁に感動

    駒崎弘樹

  3. 3

    AV出演強要 19歳少女が落ちた罠

    渡邉裕二

  4. 4

    眞子さま 結婚のご意思は不変か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    日韓選手の絆 政治ショーは終了

    大西宏

  6. 6

    安倍首相の評価高まる佐川長官

    NEWSポストセブン

  7. 7

    宇野昌磨を称賛 寛容化した日本

    岩田健太郎

  8. 8

    貴乃花「爆弾告発」で八角退陣も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    音質より内容 声のブログの挑戦

    BLOGOS編集部

  10. 10

    ジャンプ船木 お家芸潰しに持論

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。