記事

【ブラックフライデー】、前倒し!ベストバイ広告から日本の家電量販店の将来が見える?

171124ブラックフライデー@ウォルマート

■ブラックフライデーセールの前倒しで大手チェーンストアの多くが感謝祭日の夕方から始める。一方でブラックフライデーセールの前倒しを止め、先送りするチェーンもある。ステープルズは昨年と一昨年と同様、感謝祭日にセールを行わない。同社は一昨年から感謝祭日は営業せずに金曜日の朝6時からオープンとした。前年に比べて12時間も遅らせてのスタートとなったのだ。しかも今年は2時間も遅らせて、朝8時からのスタートにしているのだ。

オフィスデポとオフィスマックスも前年は金曜日の朝6時スタートだったセールを今年、午前7時45分〜と遅らせている。反対に前倒ししているのがJCペニーだ。JCペニーは前年、感謝祭日の午後3時〜のセールスタートを同日の午後2時〜と1時間前倒ししている。コールズも今年、1時間前倒しして午後5時〜の開始となる。感謝祭日からブラックフライデーセールを復活させるチェーンストアもある。

国内に4,000店舗以上を展開するゲームソフトのゲームストップは今年、感謝祭日の午後4時からセールを始める。ゲームストップは昨年と一昨年、感謝祭日に営業せず金曜日の朝5時からのセールを開始していた。ゲームストップは3年前まで金曜日午前0時からセールを行っていた。ブラックフライデーさえ休業にしたチェーンストアもある。アウトドア用品大手REIは感謝祭ばかりか翌日金曜日も150店以上となる全店を休業する。

同社では約1.2万人のスタッフに有給休暇を与えることで、家族や友人らと登山や釣りなどのアウトドア活動を楽しんでもらいたいとしている。一方、メイシーズは昨年より1時間前倒しして感謝祭日の午後5時からセールをスタートする。またウォルマートやKマート、ターゲット、コールズ、シアーズ、ディックス・スポーティング・グッズ、スポーツオーソリティ、JCペニー、オールでネイビー、ベストバイ、トイザらス(ベビーザらス)などは昨年と同様に感謝祭日からセールをスタートする。
<ブラックフライデーセール開始時間>
木曜日(23日)
午前7時〜
  ダラーゼネラル、ビッグロッツ
午前8時〜
  バスプロ・ショップス、カベラス
----------------------------------
午後2時〜
  JCペニー(前年は同日の午後3時〜)
午後4時〜
  オールド・ネイビー、ゲームストップ(前年は金曜の午前6時〜)
午後5時〜
  メイシーズ、ベストバイ、トイザらス(ベビーザらス)、ビクトリアズ・シークレット、コールズ(前年は同日の午後6時〜)、
午後6時〜
  ウォルマート、ターゲット、シアーズ、ディックス・スポーティング・グッズ、マイケルズ、ファイブビロウ、Kマート(前年は同日の午前6時〜)

金曜日(24日)
6時〜
  ホームデポ、ロウズ
7時〜
  サムズクラブ、ペットスマート、マーシャルズ、TJマックス
7時45分〜
  オフィスデポ&オフィスマックス(前年は同日の午前6時〜)
8時〜
  ノードストローム、ステープルズ(前年は同日の午前6時〜)
9時〜
  コストコ

*一部の店舗は地域によって上記の開店(セール)時間と異なるところがある。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。ロサンゼルスタイムズ紙(感謝祭日)に挿入されている大手チェーンストアのブラックフライデー広告を見ると、昨年とは異なる点がいくつかありました。今年はウォルマートのセール広告が入っていませんでした。アプリやネットで広告を閲覧できるので紙媒体での広告は止めたのでしょう。ウォルマートはドアバスター(目玉となる時限セール)商品の各店の配置場所をアプリやネットで確認できるようにしています。

紙広告はコスト高になることもあるので止めたのです。ターゲットのブラックフライデー広告ではギフトカードによる販促が大幅に少なくなりました。ギフトカード販促とは、値引きしないでギフトカードをつける販促です。ターゲットでは以前、アイフォンなど250ドル〜500ドルのアップル製品に100ドル〜250ドルのギフトカードを付けて販売していました。その他のセール品にもギフトカード販促を多用していましたが、今年は目立って少なくなっています。

171124ベストバイBF広告
ベストバイのブラックフライデー広告。ベストバイではエコー・プラス(セールで119.99ドル)、エコー(第2世代:79.99ドル)、エコーショー(179.99ドル)、エコードット(第2世代:29.99ドル)などアマゾン製品をセールにしている。

⇒今年のブラックフライデー広告ではスマートスピーカーも目立っています。グーグル・ホームやグーグル・ホーム・ミニに、ベストバイとターゲットではアマゾン・エコー製品をブラックフライデーセールの目玉にしているのです。ベストバイではエコー・プラス(セールで119.99ドル)、エコー(第2世代:79.99ドル)、エコーショー(179.99ドル)、エコードット(第2世代:29.99ドル)と4品目、ターゲットもエコー・プラス以外の3品目をセールです。

ところで日本の家電量販店もいずれアマゾンのスマートスピーカー(エコー・ファミリー)を扱うことになると思います。理由はエコー対応の家電製品が増えてくるからです。スイッチやリモコンによる操作より、「アレクサ、照明を消して」「アレクサ、テレビの音を上げて」「アレクサ、エアコンを24度に設定して」など音声操作は便利です。したがってエコー対応の家電品(IoT)の拡大が予想できます。アマゾンと競合する家電量販店もこのトレンドに抗うことができません。

 ブラックフライデーの広告から、日本の大手小売チェーンの将来が見えてきます...

あわせて読みたい

「ブラックフライデー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    破断なら小室圭さんに1億円超か

    NEWSポストセブン

  2. 2

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  3. 3

    元記者が山口メンバー呼称を解説

    宮崎タケシ

  4. 4

    安倍首相 支持率低迷で覚悟の時

    田原総一朗

  5. 5

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  6. 6

    橋下氏 前市議の事実誤認に激怒

    橋下徹

  7. 7

    千鳥ノブ 下からツッコミで人気

    松田健次

  8. 8

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  9. 9

    謝れない小池知事 数億円損害も

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    望月記者と共産党の繋がりに苦言

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。