記事

「発議」を許した段階で敗北は決定だ

立憲民主党が憲法議論に着手したらしい。
「立憲主義を取り戻すのが結党の大きな柱だ」と枝野氏が言っている。これには全面的に賛成だ。
現行の日本国憲法を熟読すれば、立憲主義が破壊されまくりなのは明白である。

だが立憲民主党が、憲法調査会の初会合で呼んだのは長谷部恭男教授らしい。
長谷部氏は「護憲派」であり、憲法を一字一句変えずに、解釈だけ変えて運用すればいいという人だろう。
権威ある学者とされているが、特定秘密保護法を容認した時点で、わしは疑惑を持った。
集団的自衛権は「違憲」だと言ったが、結局通過するのを止められなかった。

たかが学者の権威では、権力の暴走を止められないのだ。
安倍政権の改憲の発議も、長谷部教授には止められない。 

枝野氏は「あらゆる手段を使って国民投票で否決する」と言っているが、この発言は大問題だ。
国民投票で否決を目指すというのなら、「発議」は許すことになってしまう。
これは野党の党首として無責任だと断じざるを得ない。 

安倍改憲を本気で止める覚悟があるのだろうか?
集団的自衛権を根本的に見直して、「自衛権」の暴走を止める覚悟があるのか?

安倍政権の改憲議論は来年も粛々と進む。
国民的議論に発展する前に「発議」を行ない、最短期間で国民投票に持っていくだろう。
そのつもりで考えて、準備しておくのが野党党首の責任だ。
安倍改憲案は「発議」されたら、絶対に国民投票で成立する。
否決にはならない。 

「安倍改憲案」か、「絶対反対運動」の二者択一ならば、わしだって「安倍改憲案」に賛成票を入れざるを得ない。
保守としての常識があれば、このくらい分かるはずだ。
「発議」を許した段階で、敗北は決定する。

現行憲法を聖書にした「宗教的護憲派」だけが、この事態の緊急性を見抜けない。
枝野氏は党内の「宗教的護憲派」を説得するしかない。
わしが説得したいくらいだ。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    新iPhoneは買い換える意味なしか

    永江一石

  3. 3

    進次郎氏の総裁選戦略は問題なし

    早川忠孝

  4. 4

    上映15分 エロバカすぎる大傑作

    松田健次

  5. 5

    医療と宗教 母が子供の輸血拒否

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    なぜ石破支持? 議員の本音を直撃

    NEWSポストセブン

  7. 7

    米関税免除の代償に苦しむ韓国

    ロイター

  8. 8

    企業の人手不足 IT業界は7割超に

    MONEYzine

  9. 9

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  10. 10

    安倍首相は圧勝? 新聞各社の思惑

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。