記事

高須院長、角界暴行騒動に「日馬富士のプロレス転向もあり」


【日馬富士暴行騒動に高須院長が一言】

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、チベット自治区で発生した大地震や横綱日馬富士の暴行騒動についてお聞きしました。

 * * *
──11月18日にチベット自治区でマグニチュード6.9の強い地震が発生しました。

高須:チベット亡命政府とはずっと仲良くさせてもらっていて、つねに僕はチベットの人々のことを思っているんだよ。自治区を迫害する中国政府にも怒りを抱いている。そんななか、今回の地震は本当に驚いたし、すごく心配なんだ。でも、残念ながら現地の様子がまったく伝わってこない。

──中国内での報道では、一部の建物が崩壊したとの情報がありますが、けが人などの情報は不明のようですね。

高須:中国は相変わらずの情報統制だよ。本当にけが人が出ていないというのであればいいんだけど、冷静に考えても中国がチベット自治区に関する詳細な情報を出すとは考えにくい。チベットには、中国にとって都合が悪い情報がたくさんあるんだよ。それを知られたくないから、被害に関する情報が出てこないとしか思えないね。

少なくとも中国内の報道を信じることなんてできない。こういう時にSNSが利用できれば、真実が浮かび上がってくるんだけど、中国ではそれすらできないのだから、本当に腹立たしい。人権を蹂躙するとは、まさにこのことだ。日本国内の“人権派”もこの事実をしっかり受け止めてほしいし、ネットなんかでリベラルな人々が騒いでいないのが理解できない。安倍首相を叩く暇があったら、中国政府を叩くべきだ。

──チベットに直接援助をしたり、自治区に入ったりすることはできないのでしょうか?

高須:現時点では海外からの援助などは受け入れていないようだね。僕も今すぐに現地に行って、できることをなんでもしたいけど、それすら許されないということなんだよ。こんなに歯痒いことはない。今はとにかく、現地の被害が最小限に抑えられることを願うしかない。もしも、一段落して復旧のために必要なことがあったら、なんでも手助けするし、可能であればすぐにでも駆けつける。中国政府もこういう時くらいはチベット自治区に済む人々のことを最優先に考えてほしい。

──さて、話は変わりますが、日本国内では大相撲の横綱・日馬富士の貴ノ岩に対する暴行騒動が大きな話題ですね。

高須:日馬富士サイドの言い分と貴乃花親方の言い分とが対立して、相撲協会の立場もちょっと微妙な感じで、なんとも言えない状況だなあ。

──今回の騒動にはツイッターで朝青龍も言及していましたね。日馬富士だけを悪く書いていたマスコミに対して怒りを露わにしていました。

高須:今回はモンゴル人力士の会合で起きたことだから、日本のマスコミには分からなくても朝青龍には分かることもたくさんあるんだろうね。でも、日馬富士は当事者だから、なんでもかんでも思ったことを言えるはずもない。だから、朝青龍が立ち上がったんだよ。いわば日馬富士の代わりに声を上げてくれたわけだ。

 朝青龍は本当にステキな男だね。困っている人がいたら助けたくなるし、間違ったことがあったら許せないという人だ。嘘もつかないし、卑怯なこともしない。朝青龍もチベットを支持しているんだよ。是非ともモンゴルの大統領になって、国をあげてチベットを支持してほしい。そうしたら、高須平和賞をあげると約束しているんだよ。

──実際問題として今回の暴行騒動の真相はどうだと思いますか?

高須:僕は現場にいたわけでもないから分からないし、貴乃花親方が何を考えているのかも分からないけど、誰かが嘘をついているのは間違いないだろうね。そして、その嘘がバレた時は、ひどいしっぺ返しを食らうことになるだろう。僕が願うことは、嘘をついている誰かが報いを受けること。それが何より正しいことだろうからね。あと日馬富士もそんなに大相撲にこだわらなくてもいいじゃないかな。それこそプロレスに転向すれば、プロレスも大いに盛り上がるはず。プロレスファンにも歓迎されると思うけどね。

 でも、何より残念なのは、この騒動が本場所中に起きてしまったということ。特に今場所は、安美錦が幕内に復帰して面白いんだよ。

──39歳0か月という幕内復帰最年長記録を更新した安美錦ですね。

高須:そう。しかも僕が会場に観に行っている時に目が合うと勝てるって言うんだよ。嬉しいことを言ってくれるじゃないか。だからねえ、今場所は安美錦の全取り組みに3本ずつ懸賞金をかけたんだ。すごく見どころいっぱいの本場所だったのに、暴行騒動ばかりに注目されてしまうのはもったいないよなあ。

──安美錦は、伊勢ケ濱部屋で日馬富士の兄弟子にあたるんですよね…。

高須:それもまたなんともツイていないと思っちゃうよ。報道陣からも暴行騒動に関する質問があるみたいだし。いやあ相撲だけに集中できる環境で戦ってほしかった。とにかく今は頑張っている力士たちが報われるような決着を望むばかりだね。

 * * *
 大の相撲好きの院長にとっては、なんとも残念な横綱の暴行騒動が果たしてどういった結末を迎えるのか気になるところ。そして、朝青龍が高須平和賞を受賞する日が来るのかどうかも、気になります!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)など。最新刊は『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)。

あわせて読みたい

「日馬富士」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  2. 2

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  3. 3

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  6. 6

    新たな与野党関係がIR法の成果

    木曽崇

  7. 7

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  8. 8

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  9. 9

    山本議員らを懲罰委付託も無効か

    足立康史

  10. 10

    酷暑でも屋外学習を実施する論理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。