記事

日馬富士暴行事件で、角界混乱

今月14日に発覚した大相撲の日馬富士関の暴行問題は、連日、新しい事実が明らかにされ、発言する人によって違いがあり、不透明感が強くなっています。 公益財団法人になった日本相撲協会の対応が後手後手にまわっているようで、事実を明らかにし、事態を収拾するには前途多難ともいわれています。

もちろん人格者でなければならない横綱が暴力をふるうことは、許されることではありません。そうは言っても、ビール瓶で殴ったのか、そうでないのかによって、心象は大きく違うのでは、ないでしょうか。

明らかになっている概要は、10月25日夜から26日未明にかけて、横綱日馬富士関が平幕の貴ノ岩関に鳥取市内で暴行。26日に貴ノ岩関は、巡業に参加して取組も行う。29日に貴ノ岩関の師匠貴乃花親方が鳥取県警に被害届提出。11月2日に日本相撲協会に鳥取県警から連絡が入る。3日に鏡山危機管理部長が、双方の師匠に電話で事情を聴く。

貴乃花親方は「よく分かりません」と答える。5日貴ノ岩関が福岡市内の病院に入院。9日退院。「脳震盪、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで約2週間」と診断される。

10日に貴ノ岩関が九州場所を初日から休場することが判明。14日、一部報道で問題が発覚。日馬富士関が謝罪し休場。相撲協会が本格的な調査開始を発表。15日、鳥取県警が傷害容疑で捜査していることが判明。16日酒席に同席した横綱白鵬関が、日馬富士関のビール瓶での殴打を否定。

17日、鳥取県警が両国国技館で日馬富士関を事情聴取。貴ノ岩関の診断書作成の医師が、9日時点で相撲を取ることに支障がないと判断していたこと、また頭蓋底骨折と髄液漏は、ともに疑いで、今回の事件によるものか以前のものかもわからないとしていることが判明。19日に、日馬富士関に日本相撲協会が聞き取り。改めて暴行の事実を認め、「素手で殴った」と話し、ビール瓶で殴ったことは否定。等々、連日、大きく報じられています。

貴ノ岩関が、日馬富士関に日頃の態度などについて注意をされている最中にスマートフォンをいじっていたことに腹を立てた、といわれています。疑問があるのは、貴乃花親方が、被害届を出しながら、日本相撲協会には、「分からない」と答えていたこと。そして、一言も発言せず、被害届を取り下げる気はなく、民事訴訟などの法的対応も辞さずと頑なにしている点。

また、医師が相撲をとって大丈夫としているのに、なぜ貴ノ岩関は休場したのか。彼も、姿も現さず、一言も発していません。横綱が暴力をふるったことは、当然非難されるべきことですが、引退まで必要なのか。また貴乃花親方(現役時代は応援していました)が、相撲協会改革のために、この事件を利用しているとか、理事長を狙って仕掛けたなどとも言われていることには、モヤモヤしたものが強くあります。モンゴル出身者は認めないようにしようなどと極論も飛び出していることは、不幸なことだと思います。

不祥事で大相撲が低迷していた時に、土俵を守ってきたのは、白鵬関でした。事実が明らかになり、日本の国技ですが、出身国に関わらず、気持ちのよい相撲がみられる日が、1日も早く来ることを願っています。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  2. 2

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  3. 3

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  6. 6

    新たな与野党関係がIR法の成果

    木曽崇

  7. 7

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  8. 8

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  9. 9

    山本議員らを懲罰委付託も無効か

    足立康史

  10. 10

    酷暑でも屋外学習を実施する論理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。