記事

貴ノ岩「雲隠れ姿」撮って判明「疑惑の診断書」

貴ノ岩「雲隠れ姿」撮って判明「疑惑の診断書」

 取材すればするほど、違和感の残る現場だった。10月25日深夜、鳥取にて事が起こり、11月14日にスポーツニッポンが報じた暴行事件。加害者が日馬富士(33)、被害者が貴ノ岩(27)であることは周知の事実だ。事件が明るみに出た同日、日馬富士と師匠の伊勢ヶ濱親方(57)は、謝罪の姿勢を見せた。

 ところが、貴ノ岩は所在不明で、貴乃花親方(45)は報道陣の問いかけを完全無視。本来、加害者が逃げ回り、被害者が事の重大さを訴えるのが図式であろう。すべての窓にブルーシートが貼りつけられた貴乃花部屋宿舎を前にして、現場では、「どちらが被害者なのか?」との空気が流れていた。

 とりわけ、貴ノ岩の所在は最大の関心事。一人帰京した、ホテルに隔離、さらに再入院説と、情報は錯綜した。

 報道後、貴乃花部屋宿舎には多くの報道陣が駆けつけていた。しかし、報道当日の11月14日は動きなし。翌日も早朝稽古から多くの報道陣が現場に向かった。2時間ほどの稽古を終えると、力士は朝食を取りはじめた。

 そして午前9時、一人の若い衆が大きなお盆に朝食を載せ、幕内力士の宿舎に向かうではないか。彼らは食事を終えているのに「なぜ?」という疑問と同時に、本誌は、「貴ノ岩がそこに引きこもっている」という確信を得た。

 それから11時間後の午後8時過ぎ。このとき多くの報道陣は、会食を終えて帰ってくる貴乃花親方を待ち構えていた。そのとき、一枚のブルーシートが風になびいた。部屋の窓の向こうに、 “被害者” の姿があることを本誌は見逃さなかった。

 そもそも暴行事件はなぜ起こったのか。報道では日馬富士が、「もうあなたたちの時代ではない」という貴ノ岩の発言に激怒したとされる。相撲関係者が発言の真意を語る。

「居合わせた力士によると、貴ノ岩の発言は、『いつまでも30過ぎたモンゴル人の3横綱で、星の回し合いをしている時代ではない』という意味だ。彼は以前から、ベテラン3横綱の取組に不信を抱いていた。その不信を口にしたことで、日馬富士の怒りを買った。その際、貴ノ岩が彼女から着信があったスマホを操作したことで、暴行へと発展したのが真相だ」

 この暴行をもとに、貴ノ岩の診断書が鳥取県警に提出された。その2週間後、相撲協会にも提出。しかし、2つの診断書に相違があったのだ。初めに作成された県警への診断書には「骨折」の記載がなく、怪我の程度も軽かった。

 また、医師たちも協会側に提出された診断書の「全治2週間」という記載に疑問を投げかける。

「髄液漏はすぐわかるので、『疑い』というのはおかしい。本当ならバットで殴られたような痛みが続く。稽古などできるはずがない」(つながわ整形外科・ペインクリニック綱川慎一郎院長)

 また脳卒中などを専門とする米山公啓医師も、「診断書に書いてある怪我なら即入院。少なくとも1カ月は激しい運動はやめるべき。全治2週間、経過次第では復帰も可能というのは到底考えられません」と、疑問を呈する。

 診断書を書いた福岡市内の病院にも取材を申し込んだが、「何もお答えしません」とのことだった。

(週刊FLASH 2017年12月5日号)

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  6. 6

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  8. 8

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  9. 9

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  10. 10

    寝落ち必至 睡眠ビジネスが拡大

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。