記事

「ちょっと待ってほしい」だと?恥を知れ朝日新聞!!

 さて事実関係をまず押さえておきます。

 米国のエドウィン・リー(Edwin M.Lee)サンフランシスコ市長が、韓国の首都であるソウル市名誉市民に選定されたのは昨年12月です。

 韓国ソウル市総合ニュース(日本語版)より。

エドウィン・リー(Edwin M.Lee)サンフランシスコ市長、「ソウル市名誉市民」に選定

2016/12/05

f:id:kibashiri:20171120163742p:image

http://japanese.seoul.go.kr/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BCedwin-m-lee%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E5%B8%82%E9%95%B7%E3%80%81%E3%80%8C/

 二つの都市が1976年5月に姉妹都市を結んでから40周年になる年であり、なおかつ、エドウィン・リー(Edwin M.Lee)サンフランシスコ市長は、両親が共に大陸中国系であることも、このサンフランシスコ市長の『ソウル市名誉市民』選定に影響したことでしょう。

 それから二ヶ月後の、2017年1月18日サンフランシスコ市 アート・コミッション(Arts Commission )のビジュアル・アート・コミティー(Visual Arts Committee)にてある慰安婦のモニュメントと碑文が公開されます。

 その全文が以下です。

<原文・英語>

“Our worst fear is that our painful history during World War II will be forgotten”

––former “Comfort Woman”

This monument bears witness to the suffering of hundreds of thousands of women and girls, euphemistically called “Comfort Women,” who were sexually enslaved by the Japanese Imperial Armed Forces in thirteen Asian-Pacific countries from 1931 to 1945. Most of these women died during their wartime captivity. This dark history was hidden for decades until the 1990s, when the survivors courageously broke their silence.

They helped move the world to declare that sexual violence as a strategy of war is a crime against humanity for which governments must be held accountable.

This memorial is dedicated to the memory of these women, and to the crusade to eradicate sexual violence and sex trafficking throughout the world.

Gift to the City from the “Comfort Women” Justice Coalition

www.remembercomfortwomen.org

Collection of the City and County of San Francisco


<日本語>

「私たちが最も恐れることは、第二次大戦中に私たちが経験した苦しみが忘れ去られることです」  

−かつての「慰安婦」

この記念碑は、婉曲的表現で「慰安婦」と呼ばれる、実際には1931年から1945年までアジア太平洋の13カ国において日本帝国陸軍の性奴隷であった数十万の女性や少女の苦しみを証言するものです。性奴隷にされた女性や少女たちのほとんどが捕らわれの身のまま亡くなりました。この陰惨な歴史は、1990年代に生存者が勇気を持って声を上げるまで数十年間も隠しとおされてきました。

生存者たちの行動は、性暴力は政府が責任を取るべき人道に対する罪であることを世界が断言するための後押しとなっています。

この記念碑は性奴隷であった女性たちに捧げるためのものであり、現在でも続く世界中の性暴力や人身売買の撲滅運動を支持するためのものです。

「慰安婦」問題解決のための連合 よりサンフランシスコ市への寄贈

サンフランシスコ市及びサンフランシスコ郡の所蔵品

https://www.facebook.com/comfortwomenjusticecoalition/

 碑文の内容の出鱈目さは後回しにして、この慰安婦のモニュメントと碑文は実に巧みに、反日勢力により、サンフランシスコ市に設置されていくことになります。

 上記のとおり、まず慰安婦モニュメントと碑文は「私有地」に設置されます、その後、サンフランシスコ市に寄贈されることになります。

 実に巧妙なやり方です。

 「ソウル市名誉市民」である中国系エドウィン・M・リー市長のもとで、慰安婦像・碑文の寄贈受け入れを、サンフランシスコ市議会が可決したのは11月14日のことです。

 これを受けて大阪市の吉村洋文市長が、エドウィン・M・リー市長宛てに書簡を送り、このまま手続きが進めば姉妹都市の関係解消に踏み切るとした上で、リー市長に「拒否権行使という思慮深い英断を強く望む」と抗議いたしました。

(関連記事)

慰安婦像・碑文の寄贈受け入れ、「拒否権行使を強く望む」 大阪市長がサンフランシスコ市長へ書簡

http://www.sankei.com/west/news/171120/wst1711200032-n1.html

 大阪市の吉村洋文市長が抗議するのは当然です。

 この慰安婦像・碑文の寄贈の動きは、アメリカの韓国系団体と中国系団体によるズバリ反日活動なのであり、そもそもなぜ70年以上前の「慰安婦」の碑文が何の関係も無いアメリカはサンフランシスコのしかも「公有地」に建てられなければならないのか、その必然性はまったくありません。

 そして碑文はまったくのデタラメが記されています。

 この碑文の文面は以下のとおりの出鱈目さであります。

 「日本帝国陸軍の性奴隷であった数十万の女性や少女の苦しみ」

 「性奴隷にされた女性や少女たちのほとんどが捕らわれの身のまま亡くなりました。」

 「この陰惨な歴史は、1990年代に生存者が勇気を持って声を上げるまで数十年間も隠しとおされてきました。」

 「数十万の女性や少女」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなり」「この陰惨な歴史は数十年間も隠しとおされて」など、これらはまったく事実に即していません、根拠はありません。

 悪徳業者が介在していた可能性はありますが、日本軍が直接組織的に強制連行した事実は、インドネシアでの一部の犯罪行為以外では、ほとんどの国で証明されていませんし、「少女」が強制連行された事実も確認されていません。

 もちろん慰安婦総数も「数十万」と碑に刻まれているわけですが、この数字にはまったく根拠はありません。

 当時の正確な数を今日明らかにすることは不可能なのですが、当時の「慰安婦」が「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くな」ったことを証明する証拠も資料も証言もまったくありません。

 特に強く抗議すべきはこの部分です。

 これらの出鱈目な歪曲された事柄は「数十年間も隠しとおされてきました」はずもいのです、なぜならばそのような事実はそもそもありもしないのであり隠しようなどなかったわけです。

 つまり碑文にある「この陰惨な歴史は、1990年代に生存者が勇気を持って声を上げるまで数十年間も隠しとおされてきました。」との文章は、正しくは、

「この陰惨な「デタラメ」は、1990年代に日本の朝日新聞が捏造記事を持って声を上げてから、一気に反日勢力に利用されるようになりました。」

 なのであります。

 すべては朝日新聞の出鱈目な従軍慰安婦捏造報道に始まったのです。

(関連エントリー)

2014-09-21 ”従軍慰安婦””南京大虐殺””靖国参拝”問題の生みの親は全て朝日

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20140921 

 ・・・

 今検証したとおり、慰安婦のモニュメントと碑文の設置は、これは中韓反日勢力との歴史戦の様相を呈しており、海外特にアメリカにおいて今この時にも反日勢力の蠢動(しゅんどう)が不気味に続いているのです。

 しかしです。

 読者の皆さん。

 このままでは姉妹都市を解消するという大阪市長のささやかなしかし当然の正当な反論を、封じ込めようとするあるまじきメディアがこの日本にあるのです。

 19日付け朝日新聞社説が大阪市長を非難しています。

(社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ

2017年11月19日05時00分

http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html

 当該箇所を抜粋。

 ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

 ・・・

 何が「ちょっと待ってほしい」でしょうか。

 ちょっと待ってほしいのはこっちのほうです。

 この慰安婦問題の捏造をして国際問題としてしまった張本人が何をいまさら、「交流は、双方の市民の歴史的財産」などと綺麗事を唱えれるのか。

 市長の一存で断ち切ってよいものではない、だと?

 この日本の国益を損ねる「慰安婦問題」という大火の火付けした放火魔が、捏造の張本人が何をいまさら「火の用心」を唱えるか。

 慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

 「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

 「慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない」だと?

 ならば問う。

 一連のあの基本的な情報ソースの検証もないがしろにしたでたらめな捏造報道はなんだったのだ?

 その捏造を認めるのに何で30年もの貴重な時を費やしてしまったのだ?

 その朝日が、姉妹都市は「市長の一存で断ち切ってよいものではない」だと?

 君たちはこの碑文の出鱈目な記述を読んだのか?

 その上でまだ碑文に反対するなとほざくのか?

 まだ慰安婦関係で口を挟もうというのか?

 朝日新聞よ。

 恥を知りなさい。

 いいかげんせんかい!(怒

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    笑うしかない安倍首相の五輪出席

    天木直人

  2. 2

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  3. 3

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  4. 4

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  5. 5

    尾木ママ iPS不正で国の責任指摘

    キャリコネニュース

  6. 6

    橋下氏 恫喝訴訟と指摘され反論

    橋下徹

  7. 7

    賃金払えない店が潰れるのは正常

    非国民通信

  8. 8

    青山繁晴氏 首相の平昌行き反対

    AbemaTIMES

  9. 9

    iPhoneが暴走するバグが見つかる

    S-MAX

  10. 10

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。