記事

日馬富士殴打事件 秘密裏に金銭による示談交渉あったとの証言

1/2


【横綱にどんな処分が下されるのか(写真:共同通信社)】

 もはや事件は、「不良横綱の狼藉」では済まない。日馬富士の刑事処分や“強制引退”で幕引きするには、事件の波紋が大きくなりすぎた。

「当人同士ではなく“親”同士の恨みが籠もっている。あの屈辱を晴らすためなら、貴乃花はどんなことでもする……」

 相撲協会幹部は、青ざめた顔で呟いた。過去にも、双羽黒や朝青龍が起こした「横綱の暴行問題」は相撲協会の屋台骨を揺るがした。しかし今回の“揺れ”はその比ではない。角界の暗部をあぶり出した騒動は、これから本格化する──。

◆記者は「質問禁止」

 たしかに、“情報統制”は九州場所初日の1週間前から始まっていた──福岡県田川市の石炭記念公園で11月5日に開かれた祭りに、貴乃花部屋の面々が集まっていた。

 地元イベント「田川チビッコ相撲大会」には、貴乃花親方や21歳の部屋頭・貴景勝(前頭1)をはじめ、部屋の関係者がこぞって参加。ただ、そこには前頭8枚目・貴ノ岩の姿だけがなかった。

 現地では記者に対し、部屋の力士たちへの個別取材禁止が伝えられた。場所前の親睦イベントであるにもかかわらずだ。

 まさしくこの日から、貴ノ岩は福岡市内の病院に極秘入院していた。下された診断は〈脳震盪、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間〉。貴乃花部屋では箝口令が敷かれ、その事実はひたすらに伏せられた。

「今回の事件は、『現役横綱による暴行』という一大事にもかからず、発生から発覚までの経緯は策謀が巡らされた形跡だらけで、改めて角界の闇の深さが浮き彫りになった」(協会関係者)

 モンゴル出身の横綱・日馬富士が同郷の後輩力士・貴ノ岩を殴打する事件が、巡業先の鳥取で起きたのは10月25日の夜。事件が表沙汰になったのは、九州場所3日目の11月14日朝だ。同日のスポニチが一面で暴行事件を“スクープ”。〈ビール瓶で思い切り殴打した〉という衝撃的な内容の記事で、日馬富士は謝罪、休場に追い込まれた。

 事件から発覚までの「空白の20日間」──実は、その間に、水面下の激しい暗闘が繰り広げられていた。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  6. 6

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  7. 7

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  8. 8

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  9. 9

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  10. 10

    寝落ち必至 睡眠ビジネスが拡大

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。