記事

トランプ大統領のアジア歴訪の成果」 ―日米の対中外交戦略の一致― - 屋山太郎

 トランプ米大統領のアジア訪問の最大の成果は、日米の外交戦略を一致させ、「自由で開かれたインド太平洋戦略」と呼ぶことになったことだろう。もともとこの言葉は07年の第1次安倍政権時代、安倍氏がインド訪問の時に使った言葉だった。

 日本が中東の原油をインド洋と太平洋を経由して運んでいることを意識して用いたようだ。他に安倍氏は多角的に外交を展開するという意味で「地球儀を俯瞰する外交」とか、自由と民主主義を尊重する「価値観外交」という言葉を使っている。

 安倍氏の意中に中国が重く存在していたことは間違いないが、敢えて中国を刺激すると米、欧の反発を招きかねないとの恐れがあった。しかし現在、中国はさながら、世界の震源地のようだ。北朝鮮の核、ミサイルを処理しようとすれば、カギは中国のみが握っている有様だ。習近平体制は立派な独裁大国として世界に君臨しようとしている。これまでの米国は、オバマ大統領の時代を含めて、中国を“普通の大国”として認識してきた。トランプ氏の娘婿クシュナー上席顧問やキッシンジャー氏は中国の特殊性をまだ認識していないようだ。

 中国はあくまでも自らが絶対的権力を持つ「中華の国」であり、朝鮮半島は南北とも中国の属国であるという認識は変わらない。米国は米韓条約を結んでいるのだから韓国は自分の味方と信じ込んでいるが、THAADを巡る中韓のやり取りを見れば、韓国が米国の同盟国とは言えないだろう。

 中国の膨張政策はとどまるところを知らない。米中首脳会談で習主席は「太平洋は中、米の2国で分ける十分な広さがある」と相変わらず太平洋への野心を隠さなかった。これを聞いて河野太郎外相は「中国は太平洋に接していない」と吐き捨てた。

 インドのモディ首相は中国の一帯一路計画を眺めつつ、対日接近度を強めている。安倍氏の名付けた「インド太平洋戦略」が現実味を帯びており、日米豪印の連携が一気に進む気配を見せている。英国も「航行の自由」を大義に自衛隊との共同訓練を計画しているという。

 このインド太平洋戦略の要は台湾だろう。中国は既に周辺の暗礁を埋め立て軍事基地化している。台湾が香港のように一国二制度などというまやかしに乗ったら、即日お終いである。香港は太平洋への入り口にならないが、台湾は立派な玄関口だからだ。

 日米印豪という中国封じ込めを考える際、最重要ポイントが台湾にあることを常に念頭に置いておかねばならない。台湾は中国に国連加入と共にあらかたの国連機関から締め出されたが、国際的な地位を固めるために、各国際機関への加入を進める運動を始めるべきではないか。

 米国の中国認識はまともな方向に変わりつつある。中国、朝鮮半島が世界で特殊な国であることを繰り返し認識させる必要がある。

(平成29年11月15日付静岡新聞『論壇』より転載)

屋山 太郎(ややま たろう)

1932(昭和7)年、福岡県生れ。東北大学文学部仏文科卒業。時事通信社に入社後、政治部記者、ローマ特派員、官邸クラブキャップ、ジュネーブ特派員、解説委員兼編集委員を歴任。1981年より第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画し、国鉄の分割・民営化を推進した。1987年に退社し、現在政治評論家。「教科書改善の会」(改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会)代表世話人。

著書に『安倍外交で日本は強くなる』『安倍晋三興国論』(海竜社)、『私の喧嘩作法』(新潮社)、『官僚亡国論』(新潮社)、『なぜ中韓になめられるのか』(扶桑社)、『立ち直れるか日本の政治』(海竜社)、『JAL再生の嘘』・『日本人としてこれだけは学んでおきたい政治の授業』(PHP研究所)など多数。

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  4. 4

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  5. 5

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    おときた氏 新潮45の休刊は残念

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。