記事

リモートワークを許可していない会社は怠慢か? 〜 複雑化する仕事には多様化する働き方を

1/2

先日、愛媛松山で開催された、「JAWS Festa中四国2017」に参加して、パネルディスカッションに登壇して来ました。

クラウドに関するコミュニティのイベントだけど、今回のパネルディスカッションでは、リモートワークや複業という最近の話題になっている多様化する働き方をテーマにしたものでした。一緒に登壇して頂いた皆さん、ありがとうございました。

「○」と「×」で回答してコメントしていく形だったので、本記事では私の回答とコメントについて、少し補足しつつ書いておきます。(パネルディスカッションでは、リモートワークと副(複)業と並べてましたが、わかりやすさのために今回の記事では、リモートワークにフォーカスしています)

原則リモートワーク禁止な会社にいたことはありますか? → ○

私の前職は、それなりの規模の企業だったし、私が働いていた当時はリモートワークという言葉もなかったので、いわゆる普通の一般的な働き方をしていた。毎日、決まった時間に家を出て、満員電車に揺られて、大きなビルに通い、セキュリティカードで入館した部屋で一日働く。そんな働き方だった。

そして、ソニックガーデンはそんな普通の働き方の会社の中で、社内ベンチャーとして始まった会社だ。だから、ソニックガーデンも最初は、普通に通勤して同じオフィスで働いていた。最初から、リモートワークや複業などの、新しい働き方を実践して来た訳ではない、ということだ。

現在の会社はリモートワークを許可していますか? → ○

しかし、今のソニックガーデンでは、リモートワークも、副業も許可している。許可しているどころか、2016年には本社オフィスも撤廃してしまったし、全社員がリモートワークを必須にしている。複業といえば、「論理社員」という考え方で、他の会社で社長をしながらソニックガーデンの社員をしている人もいる。

では、普通の働き方から、今のような働き方へ変わったきっかけは何だったのか?

きっかけの1つは、社員の採用だった。社内ベンチャーを買い取る形で独立をしたのが2011年。5人で独立した我々は、新しい仲間を増やしていきたいと考えていたのだが、独立したばかりの会社で、勤務地を東京に限定すると、エンジニアの採用は非常に困難になることは容易に予測できた。

かといって、エンジニアの採用に妥協はしたくなかった。当時は経営の経験はさほどなかったが、採用に妥協した瞬間に会社はダメになってしまうだろうということは直感していた。では、どこにいるのか?どうすれば、小さな会社が優秀な人材を採用できるのか?答えは、地方にあった。

当時、アイルランドに滞在しながら日本の仕事をしていた仲間がいて、離れた場所で働くことへの抵抗はなかった。そのことを活かすならば、日本中で人を採用すれば良いと考えて、「勤務地不問」この言葉を応募要項に入れることにした。そうして応募があったのが、兵庫県に住む伊藤さんだった。

彼は住んでいる西脇市に一軒家を建てて、自宅の1階で奥さんがパン屋を営んでおり、上京してくることは難しい。家族を大切にしたいという思いがあって、単身赴任や出張の多い生活も難しい。だけど、熱意と実力があったので、それならば、ということで在宅勤務を開始したのだ。

幸いにも彼が非常に在宅勤務をうまくやってくれたことで、私たちも実績ができて自信を持つことができたので、それ以来はずっと勤務地不問で進めてきた。結果として、今は社員数の半数以上が地方で在宅勤務をしている。

正直、リモートワークは万人向きではない? → ○

ソニックガーデンとしては、リモートワークや複業を推し進めているが、この回答には○、すなわち万人向けではないという点については同意である。現時点で、リモートワークは誰でも出来るものではない。実際に、リモートワークが苦手だった人の応募があったが、うまくいかなかった。

今は、採用の早い段階で見極めるようにしている。その一つが、面談をテレビ会議でするというものだ。ソニックガーデンでは初回面談を社長面談としているが、もちろんテレビ会議で面談する。そこで「どうしても会って熱意を伝えたい!」と言ってくれる人もいるが、残念ながら、そういう人は不採用となる。

テレビ会議の時点で熱意が伝えられないなら、リモートワークのリテラシーが低いと言わざると得ない。これから先、長く一緒にやっていこうという時に、何かあるたびに会う必要があるとしたら厳しいからだ。私が本人と物理的に会うのは、最近は内定が決まったお祝いの時としている。

私たちのようなナレッジワークでのリモートワークに向いているのは、セルフマネジメントが出来ることが必須となる。オンラインでも信頼関係を築くことができ、しっかりと成果を出せる。コミュニケーション能力も高い。これが出来る人は優秀な人材だ。優秀な人材なら、リモートワークは出来る。

だから、誰でも出来ることではない、すなわち万人向けではない。それに、誰もがリモートワークをしなければいけない訳ではない。集まるのが好きなら、集まれば良いだけだ。リモートワークが働き方の多様化という訳ではない。好みの働き方を選択できる方が多様だと言えるだろう。

リモートワークの許諾は会社の成長に不可欠? → ○

ただ、それでもリモートワークを選択しているのは、リモートワークをした方が合理的だし、コミュニケーションも物理的なオフィスに集まるよりも円滑だと私たちは考えているからだ。

Zoomを使ったテレビ会議なら、会議室は要らないし、録画をして後から共有も出来る。Remottyを使えば、オフィスにいるよりも一緒に働く人たちの顔をみて安心しながら働ける。趣味や家族に合わせて住む場所を選びながらも、自分が集中できる場所で働ける。

そう、リモートワークをすることの方が、むしろオフィスで集まって働くことの進化形なのではないかと考えている。交通手段で、自動車があるのに、あえて馬に乗る人はいないだろう。今はまだ一般的ではないかもしれないが、いずれ当たり前になる時代が来るだろう。

また、一つ前の項目の回答にあるように、リモートワークが出来る人は、今の時代の仕事に適した人、優秀な人が多い。会社の成長に不可欠なものは何か?と問われると、それは人だ。ナレッジワークの会社であれば、尚更、会社の成長に対して人の占める割合が大きい。

リモートワークに向いている人だけで構成すれば、自ずと優秀な人材で構成することが出来る。それに昨今の人材不足の中で成長していくには、勤務地を限定して採用をしていては覚束ない。成長したいと考える企業がリモートワークを選択するのは、とてもシンプルで、合理的な判断なのではないだろうか。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  4. 4

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  5. 5

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  6. 6

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  7. 7

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  9. 9

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  10. 10

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。