記事

ジンバブエ軍、国営テレビを掌握 駐南ア大使はクーデター説を否定

14日には、武装車両がハラレ近郊の道路で展開する様子が目撃された Reuters 14日には、武装車両がハラレ近郊の道路で展開する様子が目撃された

政治的危機が高まるアフリカ南部ジンバブエで14日、国軍が国営テレビのZBCを掌握したとの情報がある。

首都ハラレで爆発音が聞こえたもようだが、原因は不明。ジンバブエの駐南アフリカ大使は先に、クーデターが起きたとのうわさを否定している。

ジンバブエの与党、ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)は声明で、チウェンガ国軍司令官が軍の介入を警告したことについて、「反逆行為」だと非難している。

チウェンガ司令官は、ロバート・ムガべ大統領によるエマーソン・ムナンガグワ第1副大統領の解任を批判し、ZANU-PF内の粛清を終わらせるため軍は行動を起こす用意があると語っていた。

14日には、武装車両がハラレ近郊の道路で展開する様子が目撃され緊張が高まった。出動の目的は分かっていない。

ロイター通信に情報筋が語ったところによると、国営テレビを軍が掌握した際、職員らは兵士たちに手荒な扱いを受けたが、「心配しないように」と告げられ、兵士たちはテレビ局を警護するために来たと語ったという。

目撃者らによると、その後間もなくハラレ中心部で大きな爆発音が聞こえたが、正確な場所は分かっていない。

米国務省はジンバブエの状況を「注視している」と述べ、関係者に対して「冷静かつ平和的」に対立の解決を図るよう求めた。

ハラレの米国大使館はツイッターに、「現在の不透明な状況のため」15日は閉館すると投稿した。

現在92歳のムガベ大統領あるいは側近からコメントは出ていない。

ジンバブエの駐南アフリカ大使アイザック・モヨ氏はロイター通信に対し、ジンバブエ政府は「これまで通り」だとし、クーデターのうわさは「ソーシャルメディアで出回っているだけだ」と語った。

ムガベ大統領は先週、後継者問題をめぐってムナンガグワ副大統領を解任。これまでムナンガグワ氏はムガベ大統領の後任に選ばれるとみられていたが、現在は大統領夫人のグレース・ムガベ氏が最有力候補になっている。

(英語記事 Zimbabwe crisis: Soldiers 'take over broadcaster ZBC'

あわせて読みたい

「ジンバブエ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  4. 4

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  5. 5

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  6. 6

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  7. 7

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  9. 9

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  10. 10

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。