記事

アングル:バブル警戒のビットコイン、ジンバブエでは逃避先

[ハラレ 14日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインは、あまりの高騰ぶりに世界中でバブルが警戒されている。ところがハイパーインフレに苦しむジンバブエでは、身を守るための貴重な手段となっているようだ。

法定通貨が日々目減りするのにあわてて、切羽詰ってビットコインに駆け込む人もいれば、外国に留学している子供への仕送りに利用する人もいる。

その結果が凄まじい。国際市場では先週、ビットコイン<BTC=BTSP>が過去最高の7888ドルと、年初の7倍に達したが、ジンバブエの首都ハラレのビットコイン取引所Golixではなんと1万3900ドルと、年初の40倍まで暴騰している。

「貯金を全額ビットコインに換えた。資産を守るにはそうするしかないからだ」と語るのは、通信系企業に勤める男性だ。

ジンバブエはかつて自国通貨がハイパーインフレによって紙くず化し、2009年に米ドルを法定通貨に採用した。しかし深刻なドル不足に陥った結果、今や国民の銀行口座にある「ドル」の価値は本当の米ドルに対して急落し、「ゾラー(zollar)」の異名をとるようになった。

現在、現金100ドルを買うためには180ゾラーと交換する必要がある。1月にはこれが120ゾラーだった。

ハイパーインフレの再来で、国民は自動車や不動産、株など、インフレでも価値を失いそうにない物なら何でも飛びつく状態だ。

<海外取引の決済>

ジンバブエではまた、銀行がマスターカードとビザの決済を制限あるいは阻止しているため、海外への支払いを行うのが難しい。ビットコインを使えばこの問題を回避し、ビットコイン決済を受け付けている外国の商店からモノやサービスを買うことができる。

外貨を用いた海外との商取引にはジンバブエ中央銀行の承認が必要で、中銀は燃料や医薬品など生活必需品の購入承認を優先している。

Golixはロイターの取材に対し「例えばソフトウエア開発会社がソフトのダウンロード料金を払いたい言っても、中銀が優先承認してくれることはまずないが、ビットコインでは支払える。外国に留学している子供への仕送りに(ビットコインを)利用する人々もいる」と答えた。

裕福な家庭は子供を南アフリカや英国に留学させているが、通貨不足のために仕送りに苦労している。

Golixのデータによると、10月に同取引所が取り扱ったビットコイン取引は100万ドル相当だった。

しかし外国人は取引にほとんど参加していない。理論的には、海外の投資家は国際市場でビットコインを買い、ジンバブエで約2倍の価格で売ることが可能だが、問題は支払いがゾラーで行われることだ。

(MacDonald Dzirutwe記者)

トピックス

ランキング

  1. 1

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  2. 2

    「水ダウ」企画にみる笑いの限界

    AbemaTIMES

  3. 3

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  4. 4

    日本の孤立化認めた櫻井よしこ氏

    天木直人

  5. 5

    日大攻撃続けるバイキングに批判

    SmartFLASH

  6. 6

    竹中平蔵氏の残業論に批判相次ぐ

    キャリコネニュース

  7. 7

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  8. 8

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  9. 9

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    インサイダー取引は100%バレる

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。