記事

米司法長官がロシア疑惑で発言修正、陣営の接触「思い出した」

[ワシントン 14日 ロイター] - セッションズ米司法長官は14日、ロシア政府が昨年の米大統領選に関与したとされる疑惑を巡って下院司法委員会で証言し、トランプ陣営の顧問が、自分はロシア政府とつながりがあり、トランプ氏とプーチン・ロシア大統領の会談を整える手助けが可能だと話していたと述べた。

セッションズ氏はこれまで、トランプ陣営とロシアの接触は承知していないと述べていたが、発言を修正した。

同氏は、トランプ陣営で外交顧問を務めたジョージ・パパドプロス氏がこうした提案を行ったのを「今になって思い出した」が、「パパドプロス氏の発言の詳細を明確には記憶していない」と述べた。

セッションズ氏が発言内容を変えたことについて、有力民主党議員からは、宣誓にもかかわらず虚偽の証言をしたと批判の声が上がった。

セッションズ氏は「こうした批判は受け入れない。宣誓したのに偽証したとの非難を拒否する」と述べた。

パパドプロス氏はロシア政府関係者との接触について、米連邦捜査局(FBI)の事情聴取での偽証したと認めている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  2. 2

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  3. 3

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    iPS山中教授 日本の科学界に警鐘

    THE PAGE

  6. 6

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  7. 7

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

  8. 8

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  9. 9

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。