記事

日本初の「手ブラ」 誕生の背景に映画会社の労働争議

【前田通子が1956年に披露した日本初の手ブラ(映画『女真珠王の復讐』より (c)国際放映)】

【1958年、映画『憲兵と幽霊』での三原葉子の一場面((c)国際放映)】

 手ブラヌードの歴史は娯楽の王様である映画に端を発する。東宝の労働争議をきっかけに1948年に設立された新東宝は大手映画会社に対抗するため、「エログロ路線」に舵を切る。GHQの占領期を経て日本が主権を回復した後の1956年、『女真珠王の復讐』で前田通子が日本映画史上初めて全裸(後ろ姿)になり、手ブラ姿も披露した。社会学者の太田省一氏が手ブラ登場の背景を語る。

「当時の社会の性倫理では、乳首を出せなかった。それでも色気で観客を集めたい。そのギリギリの限界点が手ブラだったのでしょう」

 高度経済成長期の1960年代、週刊誌が続々と創刊されグラビアが認知されたころの1967年に『平凡パンチ』で大原麗子が、1968年に『週刊プレイボーイ』で黒柳徹子が手ブラで誌面を飾った。

「被写体となる個々人の女性に、ヌードへの抵抗感がまだ強かった時代です。ヌードができない女優やタレントが、セクシーさを表現する落としどころとして手ブラを用いました」(太田氏)

取材・文■岡野誠

※週刊ポスト2017年11月24日号

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  4. 4

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  5. 5

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    おときた氏 新潮45の休刊は残念

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。