記事

安室奈美恵紅白実現の可能性 NHKに立ちはだかる3つの条件

【出るか、出ないか(写真:Imaginechina/時事通信フォト)】

 一時は絶望的かと思われた安室奈美恵(40)の『NHK紅白歌合戦』出場だが、ここに来て実現の可能性が出てきた。NHKが11月23日に特別番組「安室奈美恵 告白」(夜10時~)を放送すると発表したのである。NHK関係者がいう。

「特別番組は、すでにミリオンセールスが確実となったベストアルバム『Finally』のプロモーションの一環として引き受けてもらった話。2 時間に及ぶインタビューにも応じるなど安室さん本人も積極的だった。彼女は“この番組と紅白は別”ということなのかもしれないが、交渉のテーブルに立てただけでも大きい」

 先月末のインタビュー収録には、局の上層部も大挙して訪れたという。

「もちろん“紅白もぜひ!”というお願いです。今、彼女はアルバムの宣伝もあってネットTVや大阪でのラジオ出演などかなり露出を増やしている。本人さえ納得する条件を提示できれば“脈アリ”と見ている」(同前)

 ただし、条件はNHKにとってハードルの高いものばかりになりそうだという。別のNHK関係者は「複数の音楽プロデューサーや民放社員に聞き取りした結果わかったことですが」と前置きして、こういう。

「まず“最後の出演”“引退”をことさらに強調しないこと。先日5000人の観客を集めたラジオの生放送でも、引退には一言も触れなかった。彼女は来年2月から最後のツアーを展開するのでラストスパートはそれからということらしい。また、時間制限も問題。収録での出演も取り沙汰されているが、“生放送の紅白”を原則とするNHKとしてはなかなか受け入れにくい」

 そして最後の条件が「曲のセレクト」だ。

「安室さんは“今の自分のベストパフォーマンスを見せたい”と考えるタイプ。つまり披露したい曲は、その時一番練習を重ねている新曲になる。NHKとしては昨年の五輪テーマの『Hero』や代表曲の『CAN YOU CELEBRATE?』を歌ってほしいし、視聴者もそれを望んでいると思うのですが……。ギリギリまで交渉は続くでしょう」(同前)

 出場が実現すれば、実に14年ぶり。本番まであと40日余りに迫る中、サプライズはあるのだろうか。

※週刊ポスト2017年11月24日号

あわせて読みたい

「安室奈美恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    キャラ名刺やめろ 弁護士が警鐘

    BLOGOS編集部

  2. 2

    進次郎氏「戦った2人に注目を」

    AbemaTIMES

  3. 3

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    安倍3選 石破氏が予想以上の伸び

    舛添要一

  5. 5

    よしのり氏「新潮45は大成功」

    小林よしのり

  6. 6

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  7. 7

    NEWS23の根拠ない安倍批判に苦言

    和田政宗

  8. 8

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  9. 9

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    正恩氏「北朝鮮はみすぼらしい」

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。