記事

11月13日(月) ムネオ日記

 オランダ・ヘーレンフェーンで行われたスピードスケートで、日本女子選手の話題が目立った。

 中でも500mの小平奈緒選手は通算18連勝を飾り、1000mでも1位で、2位は高木美帆選手だった。

 高木選手は11日に行われた1500mで優勝しており、10日の女子団体追い抜きで日本は世界記録で優勝した。

 そのメンバーである佐藤綾乃選手はマススタートでオランダ勢を抑えて優勝している。

 平昌オリンピックまで88日、大きな弾みをつける流れである。

 スキージャンプの高梨沙羅選手、伊藤有希選手に続き、スピードスケートでもメダルが期待できる。

 平昌オリンピックにベストコンディションで臨んでほしいと心から願うものである。平昌冬季オリンピックも楽しみになって来た。

 希望の党の玉木雄一郎共同代表が精力的にメディアに登場している。

 さまざまなご縁のある人であり、現実的保守のリーダーとして責任野党の代表としてご活躍戴きたい。

 10日行われた日露首脳会談について報道は比較的静かなものになっているが、安倍総理が選挙で圧勝しての会談であり、プーチン大統領も来年3月大統領選挙を控え、安倍総理にあやかりたいとの思いで平和条約締結に向けお互い率直に話をしたものと思われる。

 国境画定、領土問題は国のトップの判断である。外交交渉進行中のものに関し、途中で予見を与えるような話が出た段階で終わってしまう。

 昨年5月6日のソチでの首脳会談以後、テタテの会談内容が表に出てこない。これだけでも安倍総理の強さがうかがい知れる。平和条約締結に向け、着実に一歩一歩前進していると私は受け止めている。

 来年、プーチン大統領が3月、安倍総理は9月に再選される。それからの1年が大事な時間となってくる。

あわせて読みたい

「日露関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  2. 2

    眞子さま 結婚のご意思は不変か

    NEWSポストセブン

  3. 3

    貴乃花「爆弾告発」で八角退陣も

    NEWSポストセブン

  4. 4

    宇野昌磨を称賛 寛容化した日本

    岩田健太郎

  5. 5

    日韓選手の絆 政治ショーは終了

    大西宏

  6. 6

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

  7. 7

    安倍首相の評価高まる佐川長官

    NEWSポストセブン

  8. 8

    NPOに持論語る 経産相答弁に感動

    駒崎弘樹

  9. 9

    女性専用車両の発想は差別と類似

    山口浩

  10. 10

    小平に「獣」発言は失礼だったか

    沢利之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。