記事

グリーン車、みどりの窓口、山手線。JRが「緑」を好む理由

1/3

グリーン車、名前の由来は?

「JRってなんで緑が好きなんだろ」

BLOGOS編集長の何気ない一言から始まりました。確かに考えてみれば、新幹線はグリーン車だし、チケットを購入するのはみどりの窓口。山手線も緑色と確かに緑ばかりです。

これは単なる偶然ではないはずと思い調べ始めたのですが、大手鉄道会社や有名な鉄道博物館に問い合わせたところ、どこも口をそろえていうのが「歴史的に古い話になってきて、断定できないのでどこに聞いたのかは伏せて欲しい」ということでした。

そのためここからの話は全てアルファベットで表記することにします。

まずはグリーン車の名前の由来。そもそもグリーン車は昭和44年の運賃改定により登場したのですが、某鉄道博物館に問い合わせたところ「グリーン車が緑なのは、旧一等車の帯から来ていると思いますが、あくまで説の1つで実際のところは分からない」とのこと。

鉄道会社の回答はどうでしょうか。大手鉄道会社BとCは「昔の一等車の色が緑色だったから」との回答でした。

大手鉄道会社Dも「昭和44年頃、新幹線の車両には一等車、二等車の二種類があり、その車両の側面に緑色のラインを引いていたからという説がある」との回答。

2つ目の説として、某鉄道博物館は「昭和33年から急行列車の特別二等車で指定席と自由席を区別するため、指定席で使われていたヘッドレストの色が薄い緑色だった」との回答でした。

まとめると昔の一等車の側面に緑色のラインが引いてあった説と指定席を区別するために車両のヘッドレストにかぶせたカバーが緑色だった説の2つが考えられるそうです。

グリーン車のクローバーマークを作った男

続いては、グリーン車に必ず付いているクローバーのマーク。


四つ葉なので何となく良い運気が舞い込んできそうですが、なぜクローバーマークなのでしょうか。調べてみました。

先ほどと同様、鉄道各社に伺ったのですが有力な説として答えてくれたのは、西日本にある大手鉄道会社。クローバー、しかも四つ葉にしているのは乗客がグリーン車に乗ることで幸せな気持ちになってもらいたいという説が有力ということでした。

ちなみにこの四つ葉のクローバーをデザインしたのは鉄道イラストレーターで写真家の黒岩保美さん。この方、鉄道絵画に没頭しその腕前は終戦直後に鉄道博物館(現・交通博物館)からGHQ用に改造した客車のスケッチを依頼されるほど。そのスケッチが細部まで立体的に描かれて素晴らしかったことから国鉄の社員になったそうです。

子供の頃から鉄道が好きで、父親とよく品川や上野に汽車を見に出かけ、鉄道博物館に入り浸っては展示物を模写していたといいます。

その後、車両設計部門に配属され、特急列車のヘッドマークをはじめ次々に新しいデザインを生み出し、列車の配色決定にも参加していたそうです。何気なく利用している新幹線のクローバーマークにこんな話があったとは知りませんでした。

あわせて読みたい

「電車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  3. 3

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    日馬暴行騒動は仁義なき情報戦

    文春オンライン

  6. 6

    小池氏辞任に若者は「やっぱり」

    AbemaTIMES

  7. 7

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  8. 8

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  9. 9

    加熱式タバコの増税は時代に逆行

    宮崎タケシ

  10. 10

    希望落選の馬淵氏「私は無所属」

    馬淵 澄夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。