記事

ネットテレビ 地上波に不満な中高年ほどハマりやすい

「最近のTVは…」と嘆く中高年にぴったり

【「最近のTVは…」と嘆く中高年にぴったり】

 元SMAPの3人が72時間にわたりネット上で生放送した番組が7400万総視聴数を記録、「『ネットテレビ』が地上波を超えた」と話題になったこともあり、気になっている人も多いはず。実はネットテレビは「最近のテレビはつまらん」と嘆く中高年ほどハマりやすいのだという。

 テレビ番組をパソコンやスマホで見ることができる「ネットテレビ」。2010年代に入って急激にその数を増やし、今や国内だけでも50局以上が存在する。大手ネットテレビ局『AbemaTV』は、月間の視聴者数は700万人といわれている。

 元SMAPの生放送が話題だったため“若者や女性向けのもの”と感じるかもしれないが、中高年向けの番組も多い。『AbemaTV』の会員のうち16%が50歳以上だという。どんな番組が観られるのか。本誌50代記者がパソコンを使って視聴してみた。

 まずインターネットで「AbemaTV」と検索する。「あべま(アベマ)」と検索しても表示された。

 ページを開くと、放送中の番組がまるで新聞のテレビ欄のようにズラリと掲示された。ニュースを生放送する『Abemanews』、バラエティ番組を中心とした『AbemaSpecial』など、そのチャンネル数は24、なかには「スポーツ」「ゴルフ」「釣り」「麻雀」など、趣味の専門番組もある。

 将棋好きの記者が「将棋」をクリックしてみると、羽生善治棋聖と三浦弘行九段のA級順位戦の対局が生放送中だった。プロ棋士と女流棋士による解説付きで、朝9時30分から終局まで丸一日、ノンストップで中継するという。

 ホームページに辿り着いてから動画の視聴までわずか3クリック、会員登録や料金の支払いを求められることもなく視聴できた。仕事も忘れて、ついつい「次の一手」に見入ってしまう記者だった。

◆大河も朝ドラも

 懐かしのドラマや名作映画がいつでも簡単に観られるのもネットテレビの魅力だ。

「ネットテレビで視聴できるドラマや映画の本数は、ゆうに10万本を超えます。レンタルビデオ店では扱っていないような、古くて珍しい作品もネットテレビなら視聴が可能です」(ITジャーナリストの新田ヒカル氏)

 例えば、NHK大河ドラマは、『赤穂浪士』、『太閤記』、『独眼竜政宗』、『竜馬がゆく』など人気が高いものを中心に30作以上を観ることができる。

「NHKが運営する『NHKオンデマンド』では、大河ドラマのほか『おしん』や『花子とアン』などの朝の連続テレビ小説も視聴可能です。もちろん、現在放送中の『わろてんか』も観られる」(前出・新田氏)

 NHK以外のドラマは、民放各局が運営するネットテレビで楽しむことができる。例えば、『北の国から』なら『フジテレビオンデマンド』、『必殺仕事人』なら『テレ朝動画』といった具合だ。

 映画のラインアップはドラマ以上に充実している。『Netflix』『Amazonプライム・ビデオ』などは、1950年代の古い作品から今年公開されたばかりの映画まで、洋画邦画問わず数多く取り扱っている。『男はつらいよ』シリーズのほか、『極道の妻たち』『仁義なき戦い』など、“往年の名作”がカバーされている。  過去の作品だけではない。ネットテレビ各局は通常のテレビでは放送されていないオリジナル番組にも力を入れている。

 前出の『AbemaTV』の「ゴルフチャンネル」では、全英オープンを丸4日かけてノーカット配信するだけでなく、中継の合間には海外プロによるレッスン番組が放送される。

※週刊ポスト2017年11月24日号

あわせて読みたい

「AbemaTV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  3. 3

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  8. 8

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  9. 9

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。