記事

次の「ポケモンGO」を日本から生む方法

1/2


宇野常寛氏

日本はいつになったら「一人前の国」になれるのか。批評家の宇野常寛氏は、「父」として成熟することより、オタクのまま成熟するほうが現実的だと論じる。たとえば世界を席巻している米国のIT企業も「オタク」の一種だ。米国のギークに対して、東京のオタクに足りないものは何か。新著『母性のディストピア』(集英社)の刊行にあわせて、ロングインタビューをお届けする――。(後編、全3回)

■何のために「一人前の国」を目指すのか

――安倍晋三首相は、かつて日本国憲法を「みっともない」と表現しました。自衛隊の明記など改憲に意欲をみせているのも、「一人前の国にしたい」という成熟へのこだわりを感じます。一方で、宇野さんは『母性のディストピア』で、宮崎駿、富野由悠季、押井守、庵野秀明という作家のアニメ作品を取り上げながら、彼らが虚構のなかで成熟を目指し、それに失敗した過程を論じました。彼らが失敗した「政治と文学」という枠組みにかえて、宇野さんは「市場とゲーム」というモデルを提示しています。どういうことでしょうか。

安倍首相や、彼に自己同一化しちゃっている人たちを見ると、日本が軍事力を行使し得る「一人前の国」になることと、自分が「一人前の大人」になることをイコールで結んでしまっているわけですよね。申し訳ないけれど、僕には彼らの「成熟」像がものすごく古く見える。

いま世界中でグローバル化へのアレルギー反応が起きています。そこで「国家と都市」という枠組みで考えてみてほしいんです。国家はバラバラなものをひとつに統合していくものですから、定義的に閉じるものだと思います。対して都市は、もともとハブ的な存在で、定義的に開かれているもの、人を自由にしていくものだと思うんですよね。

そう考えると、グローバル化というのは、実は国境が無くなるということじゃなくて、グローバル都市がどんどんネットワークを作っている、と考えられます。ニューヨークと東京とロンドンとソウルとシンガポールとサンフランシスコが、国家を無視して結びつくようになっているわけです。

■国家として閉じるより、都市として開いていく

いま福岡がやっていることも、要は日本という国家が閉じるなら、自分たち都市が勝手にアジアに開きますよ、ということですよ。だから僕はグローバル化の主役は都市になるし、21世紀は国家よりも都市のほうが重要になってくると思っています。

だから今の時代、国家は多様なプレイヤーの利害調整のプラットフォームにならざるを得ない。いまの世の中で、千万単位の人口を抱えると、多様な人々の利害調整で手一杯だと思うんですよ。でも都市はそうではない。規模的にもっと自由に身動きが取れるし、それぞれの物語を語り、価値観を打ち出すことができる。国家を選ぶことのコストはものすごく高いんだけれど、都市を選ぶことのコストは低いので、都市は自由に自分たちの物語を語ることが許されているんですよね。

21世紀は家族より大きくて国家より小さな「中間のもの」としての都市や、企業のような団体が重要になっていく。そしてこの変化によって人間の成熟像も変化すると僕は思っているんです。

詳しいことは本を読んでほしいんですが、時間的な永続を担う国家から、新陳代謝が大事で、どことつながっているかが重要、つまり空間的な永続を担う都市のほうが社会像として重要になってきたとき、もっと大きな話をすると、世界と個人との関係が国民国家と市民、つまり「政治と文学」の関係から、グローバルな市場とそのプレイヤー、つまり「市場とゲーム」に置き換わったとき、僕は「父」として成熟することよりも、広い意味での「きょうだい」としてつながりをもつほうが、成熟のモデルとしていまの時代に相応しいんじゃないか、と思っているんです。「政治と文学」は家族的なコミュニティが前提ですが、「市場とゲーム」では友愛的なコミュニティの可能性を考えることができる。6部ではそんな成熟の可能性を考えています。

■いまの時代の「サブカルチャー」とはなにか

――宇野さんは「結びにかえて」で、「私たちはあくまで『……ではない』という言葉ではなく『……である」という言葉で対峙しようと考えている」と書いています。その具体例として、2015年に東京五輪についてのさまざまなアイデアを提案した「オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト」を挙げています。宇野さんの仕事としては、今後どういうところを見据えているんでしょうか。

ここから先は虚構を経由した人間だからこそ持てる視点、それこそ「ゴジラの命題」を受け止めた人間だからこそ持てる視点を使って、現実の世の中にコミットしていく。そういうことを考えていますね。アニメーションやゲームについて批評するというのもひとつの選択肢だと思いますが、あまりそうするつもりはない。むしろいまの時代における「80年代や90年代のアニメ」とは一体なにか。それにコミットしていくことのほうが、戦後サブカルチャーの継承者として正しいと思っているんです。それが僕にとって、(チームラボの)猪子寿之や(メディアアーティストの)落合陽一の仕事なんですよね。

――批評家としてはどうでしょうか。

批評という言葉にぼくはまったく思い入れがなくて……。ただ、語り口は変えていきたいですね。あまり切断的な物言いをしたくないな、とは考えています。AとBという対立するものを持ってきて、その間を往復する。もしくは衝突させる。しかし、この数年、そういうやり方が今の時代には有効ではないと考えるようになっているんです。切断的な言説であることによって得られる豊かさもあると思うけれど、失ったものも非常に大きいと思う。少なくとも僕は、これから自分が世の中にコミットしていくうえでは、接続的な言葉を語っていきたいと考えています。

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    迷走続ける立民 最低の支持率に

    WEB第三文明

  2. 2

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  3. 3

    左翼に理解も 若き愛国者の訴え

    AbemaTIMES

  4. 4

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  5. 5

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  6. 6

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  7. 7

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  8. 8

    夏時間の推進派を沈黙させる一文

    早川忠孝

  9. 9

    石破氏との討論拒否する安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    よしのり氏 2歳児発見の男性凄い

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。