記事

【スチュー・レオナード】、「お客様は常に正しい」という理由で当日宅配サービス開始!?

171112スチューフレッシュデリバリー

■顧客志向の社訓「ルール1:お客様は常に正しい」「ルール2:もしお客様が正しくないと感じたらルール1に戻れ」で有名なローカルスーパーマーケットのスチュー・レオナードは1日、注文から最短1時間で届く当日宅配サービスを始めた。

宅配サービス業者のインスタカートと提携した「スチュー・フレッシュ・デリバリー(Stew’s Fresh Delivery)」は1号店のコネチカット州ノーウォーク店からコネチカット州ダンバリー店、ニューヨーク州ヨンカーズ店、コネチカット州ニューイントン店、昨年1月にオープンしたロングアイランド・ファーミングデール店、今年8月オープンしたばかりのロングアイランド・イーストメドウ店の全6店から宅配される。

利用者は各店舗から20分~30分に住んでいる近隣住民36.5万世帯が対象となる。専用サイト(Stew’s Fresh Delivery@Instacart)もしくはインスタカートのアプリにジップコード(郵便番号)を入力することで利用可能かどうかがわかる。来年2月までに初回注文を行えば、手数料を無料にするキャンペーンを行っている。

なおインスタカートの年会費は149ドル(もしくは月額14.99ドル)。注文ごとに宅配手数料を払う方法もあり、35ドル以上の注文ならば2時間の宅配が5.99ドルとなっている。インスタカートはホールフーズやコストコ、プライスライト、BJホールセールクラブ、ペトコ、ハリスティーターなど160以上のチェーンストアやローカルストアと提携している。

最近では、フロリダなどに1,100店以上を展開するパブリクス・スーパーマーケットが6月、インスタカートと提携し2020年までに宅配サービスを全店で展開すると発表した。またアホールド傘下でマサチューセッツ州など5州に400店以上を展開するストップ&ショップも6月にインスタカートと提携したことを発表。ニューヨーク州など6州に93店舗を展開するウェグマンズもインスタカートと提携した宅配サービスを拡大している。8月にはディスカウントストアのアルディも宅配サービスの開始を発表している。

 スチュー・レオナードの社長でCEOのスチュー・レオナード・ジュニア氏は「私の祖父は100年前、ノーウォークで酪農場店のクローバー ファームズ(Norwalk's Clover Farms)から各家庭に牛乳を配達していました。父が1969年にスチューレオナードをオープンし、全6店舗で毎年、2,000万世帯以上のお客様を迎え入れています。

そして今のお客様は宅配サービスに利便性を感じられていることで、スチュー・フレッシュ・デリバリーを始めました」と語っている。なおコネチカット州ダンバリー店では今年7月から宅配業者のブルーム・サービス(Vroom Service)と提携し、チーズバーガーやピザなどのデリの宅配サービスを開始している。

 6店舗のスチュー・レオナードでさえ宅配サービスを始めることで今後、中小大手関係なくスーパーマーケットは宅配サービスの提供が標準になるだろう。

トップ画像:スチューレオナードの宅配サービスを知らせるメール「スチューは宅配ビジネスに戻ってまいりました!」の画像。牛乳を持っているのが1969年にスチューレオナードをオープンしたスチュー・レオナード・シニア。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アマゾンがホールフーズを買収して以降、最も目立った動きは競合スーパーです。スーパーマーケットチェーンの多くが、宅配業者のインスタカートやシプツなどと提携して当日宅配サービスを始めたり、規模を拡大したりしています。

カーブサイド・ピックアップも急速に増えています。テキサス州のHEBなどはカーブサイド・ピックアップ仕様の店舗もオープンしています。またITやネットに無縁だったローカルスーパーのマーケットバスケット(79店)でさえ先月、ホームページを立ち上げました。アマゾンがホールフーズのバックについたことで、車いすだった人も思わず歩きはじめるぐらいの衝撃をスーパーマーケット業界にもたらしているのです。

そして、スチューレオナードも宅配サービスの開始です。アマゾン+ホールフーズの脅威もありますが、「お客様は常に正しい」とするそのお客様から宅配サービスの要望が相次いでいるのでしょう。

 ワンウェイコントロールの店内を歩くのが苦痛な年配者に忙しいお客も少なくないでしょうから、割高でも宅配サービスは多くの人に利用されます。

あわせて読みたい

「スーパーマーケット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  5. 5

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  6. 6

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  7. 7

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  8. 8

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  10. 10

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。