記事

加計獣医学部 来春開学へ

文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、昨日10日、林文部科学大臣に対して、学校法人「加計学園」(岡山市)が、政府の国家戦略特区制度を活用して愛媛県今治市に岡山理科大獣医学部を新設する計画を「可」と答申した、と発表しました。

林大臣は、記者会見で「答申を尊重する」と述べ、近く認可を最終決定する意向を表明した、と報じられています。来年4月開学が、事実上決まったことになります。

大学設置・学校法人審議会の答申のポイントは、○加計学園の獣医学部新設を「可」とする ○140人という最大規模の定員となるため、教育研究に支障を来さないこと ○高齢の職員の割合が高いことから将来を見据えた組織編成が必要、ということです。

この審議会は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画の認可答申に関して、審査段階の意見内容や学園の提出資料を公表しました。
これは異例の対応で、「加計ありき」という疑惑を払拭して、審査の正当性をアピールする狙いがある、とみられています。

公表された資料からは、獣医師の需要に審議会が疑義を呈したことなど、疑念が表面化し、特別国会での審議に影響を与えることになりそうです。

安倍総理の「腹心の友」の加計理事長に役人が忖度したのではないか、また安倍総理が国会答弁した今年1月20日に初めて知ったというのはおかしい、また前川前文部科学次官の告発など、様々な疑念は、総選挙を経ても全く払拭されていません。

政府は、特区の獣医学部新設に「新たな分野の需要がある」などの4条件を必要としていますが、設置審議会は、審査段階で、学園などが計画の目玉と位置付けたライフサイエンス分野の獣医師の養成に関して「必要性が不明」と言及しています。獣医学部の要とされる実習についても、審議会は9点もの不備を明示している、とのこと。

また、140人の学生に対して、教員が少なく、しかも高齢の職員が多いこと等、なぜ「可」としたのか疑問な点が多々あります。
特別国会で、来週には文部科学委員会でのこの件の審議が予定されていますが、ここでも自民党は、与党の質問時間を増やして、野党と「5対5」にするよう要求していて、何とか追及を少なくしようとしています。

行政をチェックするという野党の役割からして、これまでのように与党対野党は「2対8」で行うべきだと思います。
これだけ疑念の多い新設計画は、一度白紙に戻して、透明性を確保してやり直した方がよいのでは、ないでしょうか。

そのためにも、国会で、中身のある審議が行われないと、私たち国民は、都合の悪い事実は隠ぺいをして、総理のお友達のために計画を強行した、と疑念をさらに深めることになります。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  2. 2

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  3. 3

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  4. 4

    大阪の大型地震「初めはドーン」

    THE PAGE

  5. 5

    盗聴取材の共同記者に真相直撃

    NEWSポストセブン

  6. 6

    レスリング騒動は栄氏だけが悪か

    舛添要一

  7. 7

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  8. 8

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  9. 9

    地震受け大阪府内で17万戸が停電

    ロイター

  10. 10

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。