記事

札束で習近平に実を取られたトランプ大統領

トランプ大統領の訪中は、「総額2500億ドル(約28兆円)相当の大型商談」のサプライズで終わりました。習近平主席はずいぶん大盤振る舞いの貢物を提供し、トランプ大統領はその成果を手土産に帰国するという展開です。札束外交とでも言うのでしょうか。

しかし、その札束で、トランプ大統領が貿易の不均衡で中国を責めないと公言し、知的財産権侵害や不公正な貿易慣行など米中間に横たわる通商問題をパスし、北朝鮮問題でも、もし裏で米国による北朝鮮攻撃ないし、政権転覆工作の実行などへの中国の容認合意があれば別ですが、トランプ大統領の圧力強化要請に対して、習近平主席が「朝鮮半島問題については対話を通じて解決策を探ることに専念する」と、対北朝鮮政策になんら進展なく平行線のまま終わってしまいました。

しかも、その札束は見せかけのもの、フェイクの可能性があるとウォールストリート・ジャーナルが疑問を投げかけています。

たとえば、半導体大手クアルコムから中国のスマホメーカー3社に3年間で120億ドル相当の半導体を購入するという合意も、これまでの取引額と変わらないと関係者の見解だそうです。また、ボーイングは航空機300機を受注しましたが、ボーイングの1000機の受注残の多くは中国の買い手で、新規の契約ではない可能性があるとしています。

米中大型商談の「落とし穴」、通商問題は先送り - WSJ:

もし偽物の札束で、通商問題をパスし、北朝鮮問題の制裁要請もパスされてしまったとしたら、トランプ大統領は、とんだピエロだということになります。しかし、計算高く、それほどお人好しでないトランプ大統領と、やがては経済力でアメリカを抜く国の独裁者をめざす米中両国のトップの間には、素人の想像をはるかに超えた密約があったのかもしれません。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    早稲田の名物教授にセクハラ疑惑

    PRESIDENT Online

  3. 3

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  4. 4

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  5. 5

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  6. 6

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  7. 7

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  8. 8

    日本人のW杯会場ゴミ拾いに称賛

    BBCニュース

  9. 9

    脱退2年活動禁止 NMB48奴隷契約

    文春オンライン

  10. 10

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。