記事

バチカンで来年から市内のたばこ販売禁止、法王が指示

[バチカン市 9日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは、健康への懸念を理由に、来年からローマ法王庁(バチカン)市内でのたばこ販売を禁止するよう指示した。

グレッグ・バーク報道官は9日「動機は極めて単純。法王庁として、明らかに健康に害をもたらしている行動を支持することはできない」との声明を発表。喫煙により世界で毎年700万人以上が死亡しているとの世界保健機関(WHO)の統計を引用した。

現在たばこは、バチカン職員と年金受給者に対して割引価格で販売されており、職員は月に5カートンまで購入できる。一方、イタリアではたばこの税率が高いため、多くのイタリア人が喫煙しないバチカン職員の友人にたばこの買い物を頼み、安価に入手している。

バーク報道官は、たばこの販売収益が法王庁の収入源の一部であることを認めながらも、「人々の命を犠牲にした利益は正当と言えない」と述べた。

あわせて読みたい

「タバコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリらしくない演出に失望

    メディアゴン

  2. 2

    年金受給 何歳から貰ったら得か

    竹中正治

  3. 3

    黙って性行為するのは日本人だけ

    AbemaTIMES

  4. 4

    予測可能だったビットコイン急落

    近藤駿介

  5. 5

    よしのり氏「無知は恥であり罪」

    小林よしのり

  6. 6

    河野外相が外交の現状に危機感

    河野太郎

  7. 7

    小室哲哉 看護師と繰り返し密会

    文春オンライン

  8. 8

    宮台真司氏 ウーマン村本を擁護

    AbemaTIMES

  9. 9

    ワンピース歌舞伎 古参客が苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    迷走する「旧民主党」再分裂も?

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。