記事

アップルが選択した「緩やかな衰退」 iPhone の市場シェアは低下へ

(Photo by Chesnot/Getty Images)

Ewan Spence ,

CONTRIBUTOR

アップルがiPhone Xの価格を1000ドルとしたことは、ティム・クックが描く今後のiPhoneの戦略を物語っている。アップルはiPhone Xを未来のスマートフォンとして売り込もうとしているが、アップルの利益率は維持できたとしても、iPhoneの市場シェアは今後低下するだろう。

調査会社IHS MarkitはiPhone Xを分解し、その製造原価が357ドルであると試算した。iPhone Xの利益率は実に、64%に及んでいる。ここから研究開発コストや製造費用、輸送費用、ディストリビューション費用を差し引くと、iPhone XはアップルにこれまでのiPhoneとほぼ同じ、40%の利益率をもたらすことになる。

40%の利幅というのは相当なものであり、仮にもう少し安い価格設定にしていれば、アップルはより多くの端末を売ることができるとの見方もある。iPhone Xの価格設定から分かるのは、アップルが端末の売上台数や市場シェアよりも、利益率を重視していることだ。

IHS Markitのレポートでは、2017年のスマートフォン市場は前年比7%という控えめな成長率だった。ただし、アップルの市場シェアの伸びは同期間で2%にとどまっていると同社は指摘している。

アップルはかつてのノキアやブラックベリーらと同じ道をたどろうとしている。つまり、アップルは緩やかに衰退していく方向に向かっているのだ。

スマホ業界では価格トレンドは下落基調にあり、端末を安くすればするほど多くの顧客をつかむことができる。アップルが仮にiPhone Xの価格を前年度のフラッグシップモデルと同程度にしていたならば、販売台数や市場シェアは今四半期や2018年を通じて上向きに維持できただろう。

しかし、アップルは販売台数や市場シェアよりも、利幅を維持することを選択した。これは、アップルの株主らを喜ばせることにはなるが、iPhoneの販売台数の伸びは見込めない。アップルが2018年にかけて、市場シェアを低下させることはほぼ確実といえる。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  5. 5

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  6. 6

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。