記事

全盛期の8分の1まで価値暴落「本田圭佑」W杯落選確実

『写真:MEXSPORT/AFLO』
『写真:MEXSPORT/AFLO』

 海外組を呼べる2017年最後の試合、11月10日のブラジル戦と11月14日のベルギー戦のメンバーに本田圭佑(31)、岡崎慎司(31)、香川真司(28)の名はなかった。

 その理由を尋ねられたハリルホジッチ監督(65)は、「ほかの選手をテストする。3人は本来のパフォーマンス を出すべき。これが競争。名前がどうあれ関係ない」と興奮気味に語った。

「今回はW杯本番を見据えた強豪相手。その2戦で “構想外” となれば、来年5月に発表されるロシアW杯メンバーから外される可能性は高くなったと言わざるをえない」(サッカーライター)

 本田は10月のNZ戦、ハイチ戦に続いての落選。このときは、所属のパチューカで出場がないことが理由だった。だが以降、定位置を確保し、ゴールを量産するなど状態は上がっていた。

「ハリル監督は本田を信頼していた。だが、ミランで出番が減ったことでパフォーマンスが低下。そのため、ほかの欧州クラブへの移籍をすすめたほどだ。だが本田が選んだのは、欧州よりレベルが落ちるメキシコ。この決断を快く思っていなかった」(専門誌記者)

 本田のパフォーマンス低下を表わす数字がある。独サッカーメディア「transfermarkt」の算出によると、選手の獲得に必要とされる市場評価額で本田の最高値は、2013年CSKAモスクワ時代の2000万ユーロ(約26億円)だった。

 だがミラン移籍後、評価が下落。ミランを契約満了となった2017年6月時点では、250万ユーロ(約3億2500万円)と、全盛期の8分の1まで暴落。

 奇しくも、この金額はベルギーで活躍し、今回代表に復帰した森岡亮太(26)と同額。長らくサムライブルーの “王様” として君臨してきた本田だが、その座も剥奪されてしまったようだ。

 W杯本番まで半年残して、早くも本田圭佑の「ロシア凱旋」はハリルの “直感” 次第となった。

(週刊FLASH 2017年11月21日号)

あわせて読みたい

「本田圭佑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  9. 9

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    維新・足立議員が懲罰動議に反論

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。