記事

安倍首相、アメリカの「お友達」に防衛予算を大判で自衛隊を弱体化

<トランプ大統領>米国製防衛装備品「大量購入」要求に波紋
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000108-mai-pol

小野寺五典防衛相、米国製防衛装備「計画的に取得」
http://www.sankei.com/politics/news/171107/plt1711070017-n1.html

防衛産業各社「衝撃」 米兵器購入発言、波紋広がる
http://www.asahi.com/articles/ASKC75GY0KC7UTIL04G.html?iref=comtop_8_07

最後の朝日の記事にはぼくもコメントしております。

まあ、安倍首相と官邸は軍事音痴ばかりですから、新しいオモチャを買えば自衛隊は強くなると思っているわけです。

だから、必要性も精査せず、既存装備や部隊に与える影響も考慮しないでグローバルホーク、AAV7、オスプレイなどの大人買いを防衛省に押しつけました。結果整備費、燃料代、需品などの予算が圧迫されており、低かった既存装備の稼働率は更に下がっております。

稼働率が低い、燃料代をケチるということは訓練が減ることで、当然ながら熟練度は減るので事故が起こる可能性は増えるし、即応能力も下がります。
実際自衛隊の現場は大変な状態になっています。
来年度はさすがに各幕僚監部とも新規装備を減らして、維持整備費を増し積みするようです。

そんなことは、安倍首相はこれっぽっちも考えていないでしょう
何しろ頭の中身はネトウヨ並ですから、稼働率何それ美味しいの?みたいなところでしょう。

それで更に、「ヨッシャ、ヨッシャ」とばかりに、更に安易にお買い物を約束したわけです。
これによって自衛隊は更に弱体化が進むでしょう。
ただ小野寺防衛大臣はかなり抵抗をしているみたいですが。

アメリカ側は狡猾で賢いですから次期防衛大綱、中期防策定以前のこの段階でアメリカ製兵器の大量購入を押しつけにきたわけです。おつむの足りないアレ首相に「大統領との友好関係第一ですよ、おともだちですよね?」と吹き込まれたのでしょう。それが効くわけです、この人には。

恐らくはイージスアショア以外にも、追加のF-35、オスプレイ、KC46、E-2Dなどが候補に挙がっているでしょう。基本、北朝鮮がらみとか、既に調達したもので、アレ首相に押し込み易くて、アメリカの納税者にわかり易い装備が押しつけられるでしょう。

アメリカ様のご機嫌を取り結ぶために、貿易赤字の解消ために防衛予算を利用したバブル時代ぐらいまでの自民党と同じで、防衛なんぞ他の惑星の話と思っているのでしょう。あるいはアメリカ様に阿ってカネさえばらまけば国防が全うできると思っているのでしょう。

まあ、独立国としての矜持なんてこれっぽっちも持っていない。そうであればいっそのこと自衛隊は廃止し、アメリカに委託してアメリカ人を雇ってすべて米軍と同じ装備にすれば宜しい。
あるいはアメリカ軍そのものに防衛を委託して二倍の給料を払ってやれば宜しい。モナコだって防衛はフランスに丸投げですよ。何ならアメリカの準州にでもなればいいじゃないですか。そうなれば貿易摩擦もなくりますぜ。

せめてこの外圧を、国内産業の再編に使うぐらいの政治力や頭があればいいのでしょうが、それは無いですからね。例えば諸外国の8〜10倍の小銃や機銃の国内調達を辞めて、アメリカからM4やミニミ、M3あたりを買えば、総額が少ない上に、クソ高くて性能が低い日本製の小火器を買わないで済むようになります。何しろ小銃の調達はアメリカ人にはわかり易いアイコンでしょう。しかも必要不可欠なアイテムです。

国産で将来性があればいいのですが、調達数は減る一方で、メーカーの統合はできない。設計者が一生に一回も設計の機会が回ってこない、しかも実戦はもとより、国際市場で揉まれることもない。やがては万歳するしかないわけです。そこに他国の何倍もカネを払ってクズを作り続けるメリットはありません。

同様にヘリも全部輸入に切り替えるべきです。21世紀になっても内外の民間市場の占有率はBK117以外ほぼゼロです。3社もあるメーカー、エンジンメーカー2社の統合も進まず、10機しか買わなかったMCH-101 もわざわざライセンス国産して値段だけはつり上げるわけです。軍オタさんたちの大自慢の「純国産ヘリ」OH-1はエンジントラブルで2年も飛行停止状態で、実は純国産ではなく欧州ベンダーも加わっていたけども、調達数が余りに少なく、発注も不安定なので見切りをつけられたので、調達数も34機で終わった機体です。

日本のヘリコプター産業に未来はありません。
にもかかわらず、何倍も高いコストを払って延々と産業とは言えない、寄生虫を税金で養う意味があるのでしょうか。ぼくは全くないと思います。

何しろ、交渉とか全くしないで尻尾振って、相手の靴を舐めるが外交、同盟国に対する基本姿勢だと思っているのでしょう。ただFMSの執行に関しては、安倍政権において調達額などに対する値下げ交渉を行ってF-35Aやオスプレイでは値下げに成功しております。

これが「美しい国」とか「ニッポンを取り戻す」とか「戦後レジュームからの脱却」とか言うやつなのでしょう。嬉しくって涙が出そうです。先の選挙でこの人を勝たせた国民は後で後悔することになると思います。

でもね、自分の国を真摯に守る気位もなく、言われるままにヘラヘラカネを出すような馬鹿を、アメリカ人は仲間とか、友人だとは思いませんよ。駄々のカネ蔓のためにアメリカ人が血を流してくれると思ったら大間違いです。アメリカは我が国、特に安倍政権を英国やオーストラリア、イスラエルのような同盟国とは思っていないでしょう。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  3. 3

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  4. 4

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  7. 7

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  8. 8

    強姦が日常 元北朝鮮女性兵語る

    BBCニュース

  9. 9

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  10. 10

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。