記事

「最近らしい詐欺」「それで稼げるなら楽」 消費者庁が“カシャカシャビジネス”に注意喚起

 消費者庁によると、ITコンサル会社アイデアは、Instagramで写真を売って稼ぐ嘘の方法を“カシャカシャビジネス”と称し、「あなたの写真が今すぐお金に変わる!」などと謳ってマニュアルを販売。そのうえで、さらに儲かる「特別コース」として別のアプリの使用料を7万から150万円で売っていた。しかし実際には儲からず、被害総額は2500万円にのぼっているという。

 消費者庁が注意喚起したこの“カシャカシャビジネス”は若者にどう映るのか。『原宿アベニュー』(AbemaTV)では原宿でインタビュー調査を行った。

「最近らしい詐欺だなって思いました」(18歳・女性/専門学生)

「流行りを使って、まだ知識があまりない若者を騙すのは、いいところに目をつけているなって感じはします」(19歳・女性/短大生)

「好きな写真を投稿して200万円もらえるとしたら羨ましいですね」(20歳・男性/大学生)

「最終的に儲かるんだったら、ちょっとやっちゃうかなって思いました。いまYouTuberとかもいっぱい出てきてるから、それで稼げるんだったら楽かなって」(16歳・女性/高校生)

 では、スマートフォンを使った詐欺に引っかからないためにはどうすればいいのだろうか。

「それこそSNSで起きている問題なので、こういう問題があるよっていうのもSNS上で広まったら、それを使っている人が見ることになるから問題解決されるのかなって思います」(19歳・女性/大学生)

「簡単にお金を稼げることはないよっていうのを心に留めて、肝に銘じて生きていったほうがいいと思います」(22歳・女性/大学生)

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

『原宿アベニュー』は毎週土曜日 12:00~14:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

あわせて読みたい

「Instagram」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  4. 4

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  5. 5

    亀岡市暴走事故の加害者を直撃

    NEWSポストセブン

  6. 6

    子宮頸がんワクチン男性にも効果

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    立民・枝野氏「法人増税が必要」

    ロイター

  8. 8

    NHKが受信料合憲で背負った責任

    WEDGE Infinity

  9. 9

    小池劇場の終焉を天敵記者が激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。