記事

「最近らしい詐欺」「それで稼げるなら楽」 消費者庁が“カシャカシャビジネス”に注意喚起

 消費者庁によると、ITコンサル会社アイデアは、Instagramで写真を売って稼ぐ嘘の方法を“カシャカシャビジネス”と称し、「あなたの写真が今すぐお金に変わる!」などと謳ってマニュアルを販売。そのうえで、さらに儲かる「特別コース」として別のアプリの使用料を7万から150万円で売っていた。しかし実際には儲からず、被害総額は2500万円にのぼっているという。

 消費者庁が注意喚起したこの“カシャカシャビジネス”は若者にどう映るのか。『原宿アベニュー』(AbemaTV)では原宿でインタビュー調査を行った。

「最近らしい詐欺だなって思いました」(18歳・女性/専門学生)

「流行りを使って、まだ知識があまりない若者を騙すのは、いいところに目をつけているなって感じはします」(19歳・女性/短大生)

「好きな写真を投稿して200万円もらえるとしたら羨ましいですね」(20歳・男性/大学生)

「最終的に儲かるんだったら、ちょっとやっちゃうかなって思いました。いまYouTuberとかもいっぱい出てきてるから、それで稼げるんだったら楽かなって」(16歳・女性/高校生)

 では、スマートフォンを使った詐欺に引っかからないためにはどうすればいいのだろうか。

「それこそSNSで起きている問題なので、こういう問題があるよっていうのもSNS上で広まったら、それを使っている人が見ることになるから問題解決されるのかなって思います」(19歳・女性/大学生)

「簡単にお金を稼げることはないよっていうのを心に留めて、肝に銘じて生きていったほうがいいと思います」(22歳・女性/大学生)

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

『原宿アベニュー』は毎週土曜日 12:00~14:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

あわせて読みたい

「Instagram」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  2. 2

    マツダ新型車が逆張りを貫くワケ

    片山 修

  3. 3

    「ツンデレ外交」失敗した北朝鮮

    自由人

  4. 4

    ポルノ動画にも「フェイク」の波

    WEDGE Infinity

  5. 5

    働き方改革法案に賛成したワケ

    細野豪志

  6. 6

    よしのり氏 米国は戦争の覚悟か

    小林よしのり

  7. 7

    ユニクロスタッフらの悲痛な叫び

    MAG2 NEWS

  8. 8

    内田前監督に日大OB「情けない」

    文春オンライン

  9. 9

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  10. 10

    【録画】日大回答受け関学会見

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。