記事

【あれから1年】

トランプ大統領が誕生した2016年11 月8日から1 年。

各社の社説は、 7日に投票が行われた南部バージニア州と東部ニュージャージー州の知事選挙でいずれも民主党が勝利したことを紹介しつつ、トランプ大統領の手法を批判しています。

保守派のWall Street Journal が共和党に一番厳しい論調だと感じました。一方、リベラルなLos Angeles Timesは民主党に、何をやってきのか?と厳しい論調です。

[画像をブログで見る]

(Associated Press)

USATodayはElection anniversary; Captain Trump steers nation into turbulence (選挙から1年、トランプ機長は乱気流に向かう)の社説の中で、「飛行機に搭乗すれば、機長にはうまく操縦してしほしいと願う。ちょうど 1 年前、トランプ氏が大統領に選任されたとき、われわれは選挙戦で"ホワイトハウス失格"と断じたことが間違いになると願った」としています。

支持層以外にも手を伸ばし、ツイッターをやめ、全米を統一することを願ったとしながら「4年の人気の 20%が終了したこの時点で、トランプ大統領にそうした姿勢の変化ができないことが危険なほど明らかだ」ということです。

FBIのコーミー長官のクビ、法を順守しないアルパイオ保安官に対する恩赦などを具体例として挙げています。

こうした事態がいったいいつ終わるのか?と自問自答。

ムラー特別検察官による法的な手続き、支持層の心が離れること、共和党が袂を分かちペンス副大統領をかつぐことなどを挙げつつ、最終的には「トランプ機長の操縦が続くのかもしれない。その結果、アメリカを、世界を恐ろしい乱気流に突っ込むのかもしれない。その場合、国よりも政党を優先した共和党はコックピットに乱入するべきだろう」と結んでいます。

New York Timesの社説はVirginia Rejects Your Hateful Politics, Mr. Trump (トランプさん、バージニア州はあなたの憎悪の政治を拒絶しましたよ)。

南部バージニア州の知事選挙で、副知事を務める民主党のノーサム候補共和党の主流派のギレスピー候補を破ったことについて「トランプ大統領の白人至上主義に対してノーを突きつける歓迎すべきことだ」と指摘。

ギレスピー候補が本来の共和党の理念を放棄し、Trumpism (トランプ的なこと)を主張し敗北したことにとりわけ意味があると主張しています。

Washington Postは、A triumph of decency over dread (良識が恐怖に打ち勝った)の社説の中で、バージニア州の知事選挙で民主党のノーサム候補が勝利したことは、「良識、礼節、節度が恐怖、不安、人種差別に打ち勝ったことを意味する」と主張。

ギレスピー候補が負けた理由として、本来の伝統的で公正な保守派の評価を捨てて、トランプ大統領勝利のシナリオを使おうとしたことだといいます。

保守派のWall Street Journalの社説は The Anti-Trump Wave(反トランプの波)。「7 日の選挙で共和党はこっぴどくやられた。わずかの州に過ぎないとうわべをよく見せることはできない。民主党は大挙して投票し、トランプ大統領、さらに共和党候補に対して反対のメッセージを明確にした」と指摘。

トランプ大統領は、訪問先のアジアから「ギレスピー候補は一生懸命戦ったが、私の主張を十分に受け入れなかった」とツイートしたと伝えています。

そのうえで「トランプ大統領は、民主党支持者の投票を促し、同時に言動が共和党を分裂させている」と危機感を示しています。「今回の選挙はアメリカのチェック・アンド・バランスの政治システムが機能していることを示している」と締めくくっています。

一方、リベラルなLos Angeles Timesは民主党に厳しい社説を掲載。 A year after the election and Trump’s opponents still haven’t figured out why they lost(選挙から1 年、民主党はいまなお敗北の理由が分かってない)の中で、民主党は選挙区の人口構成、ロシア、人種差別主義者、ウルトラ右翼、ソーシャルメディアなど数々の言い訳を挙げてきたと指摘した上で、「民主党はこの 1年、以前は自らの支持層で今や見捨てられたと感じている有権者に話を聞こうという行動を起こしていないどころから、その意思すらない」とぴしゃり。

政治とは何か?「異なる背景と価値観を持つ者どうしが一堂に会して議論する場である」と指摘し、「思いやりと互いを尊重する気持ちがなければ、(政治は)自己破壊の手段となる」ということです。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  3. 3

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  6. 6

    逆DV アウトレイジな妻に泣く夫

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日馬暴行騒動は仁義なき情報戦

    文春オンライン

  8. 8

    加熱式タバコの増税は時代に逆行

    宮崎タケシ

  9. 9

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  10. 10

    議会に子連れ出席で仕事できるか

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。