記事

タカタ、債権届出額3.7兆円のうち2.7兆円を認めず=地裁提出資料

[東京 8日 ロイター] - 欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタの民事再生手続きで、自動車メーカーが負担したリコール(回収・無償修理)費用など、債権者側が東京地裁に届け出た債権総額は約3兆7700億円に上ったことが、ロイターが入手した地裁提出資料で明らかになった。タカタ側はこのうち約2兆7000億円を受け入れておらず、地裁が認可すれば同社の負債総額は約1兆0500億円で確定する見通しだ。

関係者によると、タカタが認めなかった届け出債権2兆7000億円のほとんどは、自動車メーカーによるリコール費用の求償分。負債総額約1兆0500億円の中にはリコール債権が6000億円程度含まれているものの、約1億個超に達している欠陥エアバッグ部品のリコールは、その費用の大半を自動車メーカー各社が負担することになる。

タカタ側の債権認否状況について、タカタ製エアバッグの異常破裂で死亡事故が発生し、リコール台数の多いホンダは「法的にできる対応を引き続き検討中だ」(広報担当者)としている。

タカタは6月26日に民事再生法の適用を申請。その際に同社が公表した負債総額は約3800億円(1ドル=111円で換算)だったが、これには自動車各社が肩代りしていたリコール費用は含まれていなかった。各社との補償合意ができていなかったためで、金額の確定は再生手続きに委ねられることになっていた。

タカタの再建は中国の寧波均勝電子傘下の米自動車部品メーカー、キー・セーフティ・システムズ(KSS)がスポンサーとして支援する。タカタは問題となったエアバッグ部品のインフレーターなど一部の事業を除き、実質的にすべての事業と資産を1750億円でKSSに譲渡する。関係者によると、まもなく最終合意する見込みだ。

タカタは11月27日までに再生計画案を東京地裁に提出、その中で債権の弁済率を示す見通し。弁済に充てる原資はKSSへの事業譲渡で得た資金などに限られる一方、米国司法省による罰金や仕入れ先への約300億円の支払いが優先されるため、社債、銀行借入金、リコール求償権などの一般債権の弁済率は1割未満になる可能性が高い。

*見出しを修正して再送します。

(白木真紀)

あわせて読みたい

「タカタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  4. 4

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  6. 6

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  7. 7

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  8. 8

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  9. 9

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。