記事

希望の共同代表選で会見(全文1)玉木氏と大串氏が「寛容な改革保守」評価

 希望の党の共同代表選に立候補した玉木雄一郎氏と大串博志氏の両衆院議員が8日、共同記者会見を行った。以下はその全文。

【画像】希望の共同代表選で会見(全文2)安保法制「条文改正を」「容認しない」

玉木氏と大串氏が立候補届け出

[画像]希望の党の共同代表選会見

大西:それでは皆さん、あらためましてこんにちは。ただ今より希望の党、共同代表選挙共同記者会見を開始させていただきます。本日10時から立候補の受け付けを行いまして、玉木雄一郎候補、大串博志候補の両名が正式に立候補の届け出を行われました。本日、この記者会見の司会進行を務めさせていただきます共同代表選挙管理委員の大西健介でございます。皆さん、よろしくお願い申し上げます。それでは最初に共同代表選挙管理委員会、階委員からごあいさつをお願いいたします。

階:はい。ご紹介いただきました選管委員の階です。今日の10時から11時に共同代表選挙の立候補の受け付けをしまして、今日、こちらにいらしているお二方、玉木さん、大串さんが立候補ということで届け出がありました。そして私どもとして、これを受理しました。わが党が誇る、時代を担うエースが2人、登場したということで、これからの共同代表選挙、大いに盛り上げていただければと思っております。

 この共同代表選挙ですが、所定の規則や規定にのっとり公明正大に行わせていただきますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。以上でございます。

大西:それでは冒頭、本日の記者会見の進め方についてご説明をいたします。最初に届け出順に各候補から5分ずつ政見を述べていただきます。そのあと共同記者会見として報道機関の皆さまからのご質問に答えていただきます。質疑の最後に各候補からまとめの発言をいただきまして、候補者並んでの再びフォトセッションの機会を設けさせていただきたいというふうに思っています。

 それでは、候補者の皆さんからそれぞれ5分以内で政見を述べていただきます。発言は自席からお願いをしたいと思います。それでは最初に玉木候補、お願いいたします。なお発言時間は5分間ですけども、特に残りの時間等は提示をいたしませんので、時間内に発言を終えるようにお願いしたいというふうに思います。それでは玉木候補、よろしくお願いいたします。

●玉木雄一郎氏が冒頭発言

玉木:皆さん、こんにちは。玉木雄一郎です。今回の希望の党、共同代表選挙に出馬をさせていただきました玉木雄一郎です。どうぞよろしくお願いいたします。まず、この出馬に当たって力を貸してくれた仲間たちに心から感謝の気持ちを述べたいと思います。私は今回の選挙に立候補を決めた理由はたった1つです。それはこの新しく生まれた希望の党という新党を、日本の未来を担っていける、政権を担える、その核となる政党にしていく、この1点であります。そして必ずそれを実現できると私は信じています。

 というのも先の衆議院選挙、私たちにとっては大変厳しい選挙でした。しかしその厳しい選挙を勝ち抜いてきた54名の仲間たちがいます。一騎当千の素晴らしい仲間たちです。そして先輩たちです。この仲間たちと一緒に力を合わせていけば、必ず日本の未来を切り開いていける。未来を先取りし、そしてしがらみなく改革に取り組んでいける、素晴らしい政党をつくることができる、そう確信をいたしました。平均年齢49.4歳。そして新人議員が9名も当選しています。これは私たちにとっての希望であり、これからの日本の政治にとっても希望だと思っています。その先頭に立ってこれからの混迷の、そしてまた混沌とした日本の政治を切り開いていく、その核となるよう全力を尽くしていきたいと思っています。

 特に私たちは寛容な改革保守と。この立ち位置を綱領の中でも明確にしています。私はこれは素晴らしい立ち位置だと思っています。外交安全保障は現実的に行っていく。一方で国内政策は世界的に見ても格差が広がる中で、配分を重視して、一人ひとりが、一人ひとりの国民が尊厳ある生活保障の中で暮らしていける。そんな制度をしっかりとつくり上げていきたいと思います。そして大切なのは改革の精神です。行政改革や、そして情報公開。しがらみにとらわれずに新しい日本をつくっていく、その先頭に立つ覚悟で、どの政党よりも改革マインドにあふれた集団として頑張っていきたいと思っています。

 今回の選挙戦を通じて大串さんと一緒に、そして私たちの、この新党の立ち位置を明確にし、国民の皆さんにもご理解をいただき、信頼を得られる政党として育て上げていくためにも、この選挙戦、全力で頑張っていきたい、そう思っています。どうか皆さんのご理解、賜りますことをお願い申し上げまして、私、玉木雄一郎からの冒頭のごあいさつにいたします。ありがとうございました。

●大串博志氏が冒頭発言

大西:玉木候補、ありがとうございます。続けて大串候補、よろしくお願いいたします。

大串:はい。どうもありがとうございます。皆さん、こんにちは。ご紹介いただきました衆議院議員の大串博志でございます。希望の党の共同代表選、立候補させていただくことになりました。新しい党でございます。共同代表を選ぶというのも初めての経験、手探りの中で今日、この場をおつくりいただくことにご尽力をいただきました現在の党の執行部、樽床代表代行はじめ、大島幹事長、そして選管を担っていただきました階先生、大西先生、そしてこれらの活動をできたばかりの党であるにもかかわらず多く支えていただいた党同志の皆さまにも感謝を申し上げさせていただきたいと思います。その上で、この希望の党というスタートしたばかりの党の大事な第一歩として、この共同代表選、玉木さんと一緒に爽やかに戦っていきたいというふうに思います。

 新しい党でございますので、この党がどこを目指していくのか。国民の皆さんも大変、関心を持っていらっしゃると思います。そういう党でなければならないと思います。この党の立ち位置、そして方向性。皆さんと一緒に議論し定めていきたい、そういう思いでございます。この党の綱領、先ほど玉木さんから話もありましたけども、立憲主義と民主主義に立脚し、という言葉から始まって第1番目の項目は世界の中で分断が広がる中で、これをむしろ包摂していく寛容な改革保守政党を目指すとある。私は極めて優れた内容の綱領だと思っています。

 まさに安倍政権がずいぶんと右に偏る中で極端な右でもない、しかし極端な左でもない。まさにど真ん中に軸足を置く安倍政権のいき過ぎをなんとしても止めてほしいという国民の皆さんの不安や不満の声の受け皿として、政治のど真ん中に軸足を置く政党として、この希望の党を皆さんと一緒に育てていけるように頑張っていきたいと思うんです。

 その中で安倍政権、自公政権としっかり相対峙していく。これを打倒していくという考え方をしっかり前に出しながら、そのためには志、目的、目標を同じくする各野党の皆さまとも連携をしっかり取っていきながら戦っていくという軸足を定め、そして憲法改正に関して安倍総理がこれまたいき過ぎた動きを示している。これとは違う。

議論はもちろんあっていい。議論はもちろんあっていいけども、例えば憲法9条の改正。これは今、本当に必要なのか、私は不要だと思います。こういった考えを示し、さらには今、緊迫化する外交安全保障環境。この世の中にあって現実的な外交安保政策を追求しながら、しかし日本の立憲主義を守る観点から、やはり集団的自衛権を含む安保法制は容認しないという立場を明確にしながら、現実的な外交安保政策を取っていく。こういったわが党としての立ち位置を明らかにしながら安倍政権にしっかり対峙していける、打倒をめざしていける、そういう党としてほかの野党とも連携しながら皆さまの力を高めていく、これが今の希望の党に、新しい党として求められているものではないかと私は思っています。

 本当に新しい党ですから、先週、行われた両院懇談会でもいろんな意見が出ました。いろんな意見があります。私はいろんな意見があることは当然だと思います。そのいろんな意見を今後の党運営においても、これから新しい党規約や、いろんな規定を決めていかなきゃならない。その中においても、みんなで知恵を出し合って、みんなで意見を出し合って、みんなで決めていく。そしてみんなで支え合っていく。そういう党として、みんなで育っていきたいと思います。

 閣僚経験もありません。あるいは党の代表とかの経験ももちろんありません。しかし政調会長としての仕事は民進党でさせていただきました。新しい流れとして、新しい顔として、そして経験も踏まえながら、皆さんと一緒に、この新しい党をつくっていく、その先頭に立たせていただきたいという思いで頑張ってまいりますので、どうか皆さまの今後とものご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げながら、私からの冒頭のあいさつに代えさえていただきます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  4. 4

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  5. 5

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  6. 6

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  7. 7

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  9. 9

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  10. 10

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。