記事

希望の党も、これで本当のリセットの緒に着いたようですね

郷原さんのところにはあちらこちらから色々な情報が寄せられているようで、あれこれ物を考える時は郷原さんの記事が参考になる。
希望の党の規約の改訂について、時系列を追ってその背景事情を解説しておられるので、書かれている事実自体は間違いないのだと思っている。

今日、希望の党の共同代表選挙の公示が行われ、既に立候補届け出の受付が終了し立候補者は玉木氏と大串氏の2名ということに確定したようだが、何にしても希望の党の規約の再改訂と共同代表選の実施が極めて短期間のうちにスムーズに進んだことはご同慶の至りである。

希望の党の再リセットが軌道に乗ってきたようである。
創業者の小池さんの周辺からどんな些細なことでも異議めいたことが出てきたら厄介なことになるな、と心配していたが、小池さんはどうやら沈黙を守っておられるようで、これまでの経過について
何ら異存がないようである。

郷原さんの指摘を待つまでもなく、希望の党の原規約には問題があった。
やっつけ仕事の弊害がここまで明らかになることは珍しいが、何にしてもほどほどの改正が速やかに実現したことはよかった。

結果良ければすべて良し、というところである。

泉氏や渡辺氏も立候補の意欲を示しておられたが、推薦人が十分集まらないということで立候補を断念されたということだが、これはこれでいい。

私のブログの読者の中には希望の党に対して結構辛辣な意見を持っておられる方が多いが、そういう辛辣な意見が巷に多くあることを承知で、あえて希望の党の共同代表になろうとした人が複数いた、ということは、希望の党にはそれなりの存在意義があり、希望の党には依然として希望がある、ということだろうと思っている。

玉木氏も大串氏も元財務官僚で、その識見や政策策定能力、実務処理能力等において自民党の国会議員と比較して遜色がないはずである。

玉木氏と大串氏のどちらがより国民にアピールするのか分からないが、今回の共同代表選挙を通じて希望の党に対する国民のガッカリ感やウンザリ感を一掃できるようになれば、こんなありがたいことはない。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  3. 3

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  4. 4

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  5. 5

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  6. 6

    がん患者へのヤジ議員 差別訴え

    猪野 亨

  7. 7

    安倍官邸が検察の森友捜査介入か

    田中龍作

  8. 8

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 靖国参拝をした理由

    小林よしのり

  10. 10

    満員電車に赤ちゃん 腹立つ現実

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。