記事

都市伝説「フェイスブックは会話を盗聴している」の真実度

Pe3k / Shutterstock.com

Amit Chowdhry ,CONTRIBUTOR

フェイスブックは昨年、ユーザーの会話を盗聴して内容に合った広告を表示しているとの疑惑を否定する声明を発表した。先日、テクノロジー系ポッドキャスト「Reply All」でホストを務めるPJ Vogtは、フェイスブックが盗聴をしていると思うリスナーに対し、番組に電話をするようツイッターで呼びかけた。

これを受けて、フェイスブックの広告担当バイスプレジデント、ロブ・ゴールドマンは、PJ Vogtのツイートに次のように返信した。「私は、フェイスブックで広告商品を担当している。我々は、ユーザーのマイクから情報を得て広告に反映させたことはこれまで一度もない」

この他にも、フェイスブックアプリが会話をこっそり聞いていると訴える男性のユーチューブ動画がReddit上で拡散している。この男性によると、これまでスマホで猫やキャットフードを検索したことがないにも関わらず、ガールフレンドにキャットフードを購入すると伝えた直後にフェイスブックアプリ上にキャットフードの広告が表示されたという。この動画は、これまでに9万9000件の「いいね!」を獲得しており、同様の経験をしたユーザーから多くのコメントが寄せられている。

フェイスブックは、昨年公表した声明の中で次のように述べている。「フェイスブックは、スマートフォンのマイクを使って情報を取得し、広告やニュースフィードの内容に反映することはしていません。我々がユーザーの会話を盗み聞き、関連する広告を表示していると指摘する報道もありますが、事実ではありません。我々は、ユーザーが話す内容ではなく、興味やプロフィール情報に合わせて広告を表示しています。ユーザーが音声を必要とする機能を使用する際に、マイクの使用を許可した場合に限ってアプリはマイクにアクセスをします。こうした機能には、動画撮影や、2年前にリリースした近況をアップデートする際にBGMなどを認識する機能が含まれます」

フェイスブックは、ユーザーの投稿やコメント、「いいね!」したページ、クリックしたことのある広告などの情報を使ってターゲティング広告を配信している。また、プロフィールに記載されている年齢・性別や、所在地、使用しているデバイスなどのほか、ユーザーが利用したフェイスブック以外のウェブサイトやアプリの情報も利用している。ユーザーは、フェイスブックの「広告設定」ページで、どのような情報が広告に利用されているか確認することができる。

「偶然に過ぎない」との反論も

広告業界の情報サイト「AdAge」によると、フェイスブックはユーザーの会話の内容に基づいて広告主がターゲティング広告を配信できる機能を提供していないという。TBWAでグローバル・データ・ディレクターを務めるBaker Lambertは、AdAgeとのインタビューで次のようにコメントしている。

「人々は陰謀説に飛びつきやすい。フェイスブックのように数億人ものユーザーが利用し、何百万もの広告が配信されていれば、0.1%ほどのユーザーは自分の会話や行動に合致する広告が表示されて不気味な思いをすることがあるだろうが、それは偶然に過ぎない」

フェイスブックアプリの1日当たりの平均利用時間は1時間近くに達し、ユーザーは1週間で数千もの広告を目にすることなる。膨大な広告の中に、会話の内容に一致するものがあっても不思議ではない。

英テレグラフは、フェイスブック陰謀説が広まった原因の一つとして、「バーダー・マインホフ現象」を挙げる。これは、人が話したり経験したことが日常生活の中で頻繁に現れるようになると感じる現象だ。人はその事柄に一層注意を払うようになり、気付く機会が増える。

FBがスマホのマイクを利用する理由

フェイスブックがマイクへのアクセス許可を求める理由を不思議がる人もいるが、その理由は簡単だ。フェイスブックとインスタグラムは、ユーザーがアプリを使って動画撮影をする際に、マイクを使って音を捉える。また、フェイスブックアプリには、近況をアップデートする際に聞いている音楽などを認識する「Shazam」に似た機能が搭載されており、ユーザーがBGMを認識させたいときにマイクが作動する。

フェイスブックによると、この機能は会話を聞くことには使えず、取得した音声データにユーザーのプロフィールをタグ付けすることもしないという。

フェイスブックがマイクにアクセスすることを防止するには、デバイスの「設定」を変更すればよい。iOSであれば、「設定」>「プライバシー」>「マイク」>「フェイスブック」を選択してオフにする。Androidであれば、「設定」>「パーソナル」>「プライバシー」>「アプリ許可」>「マイク」>「フェイスブック」を選択してオフにする。

英大手メディアが陰謀説の発信源

都市伝説を暴く「Snopes」というサイトは昨年、フェイスブックの盗聴疑惑について分析を行った。同サイトによると、英インディペンデントが昨年掲載した記事の中で、サウスフロリダ大学マス・コミュニケーション学科のKelli Burns教授が、「フェイスブックはターゲティング広告のために盗聴を行っているに違いない」と述べているという。

「この根拠の薄い推測をもとにフェイスブックのユーザーたちは疑念を持ち始め、やがて陰謀説が作り上げられた。2年前に” Identify TV and Music”機能がユーザーの会話をこっそり聞き、取得したデータを不正な目的に使用していると噂になったのと似ている」とSnopesの共同創業者兼CEOのDavid Mikkelsonは話す。

Burns教授に話を聞くと、インディペンデントの記事はフェイスブックの陰謀説を支持する内容だが、教授自身は「盗聴が行われていると確信している」などと言った覚えはないと述べている。

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  8. 8

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    北ミサイルがもし東京に着弾なら

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。