記事

芸能史を変え続けてきた元SMAP 次の一手はあるか?

【本当の勝負はこれから?(AbemaTV公式ツイッターより)】

 ジャニーズ事務所退所後、SMAPの元メンバーである稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が初めて共演したインターネットテレビ局のAbemaTV『72時間ホンネテレビ』は3日間にわたって放送され、累計視聴者数が7400万を超えるという大記録を打ち立てた。芸能記者が話す。

「新しい3人の魅力が創出された72時間だったと思います。これまでを振り返っても、SMAPはアイドルの歴史を変えてきた。常に新しいことに取り組み、出来る限りタブーなしの姿勢を貫いてきた」

 SMAPは、1980年代に20~30%の高視聴率を稼いでいた『ザ・ベストテン』(TBS系)や『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)などゴールデンタイムの歌番組がことごとく終わっていた1991年にデビュー。それまでのジャニーズ事務所のアイドルと違い、歌と踊りを主体にやっていくだけではテレビ界で生き残りにくくなったこともあり、バラエティ界にも積極的に進出していった。

 1992年から1995年にかけてフジテレビの土曜23時台に放送された『夢がMORI MORI』でコントに挑み、1996年4月からは同じくフジの月曜22時台でバラエティ番組である『SMAP×SMAP』が始まった。その直後、森且行がオートレーサーに転向するため、メンバーから脱退。グループとしては、これからという時の離脱は大きな衝撃を与えた。

「それでも、月曜21時からの木村拓哉主演のドラマ『ロングバケーション』が最終回で36.7%を取るなど絶好調だったこともプラスに転じ、後番組の『SMAP×SMAP』も必然的に数字が上がっていき、20%台を連発した」(同前)

 その後、メンバーが事件を起こしてもそこで勢いが衰えることなく、2002年1月14日の『SMAP×SMAP』では視聴率34.2%を記録。翌年には、シングル『世界に一つだけの花』が2003年度のオリコンシングルチャート1位を獲得。名実ともに国民的スターの座についた。

 そんなSMAPに最大の暗雲が立ちこめたのは、2016年1月に勃発した解散騒動だった。「SMAPのことだからまたプラスに転換してくれるはず」というファンの願いも虚しく、同年限りで解散する事態となった。

 しかし、彼らはタダでは転ばなかった。『72時間ホンネテレビ』で3人はジャニーズ時代に手を付けることのなかったSNSを解禁し、それぞれがツイッターのアカウントを持った。また、ブログを始めた稲垣はアメーバブログ3日連続1位に輝き、“ユーチューバー”を名乗った草なぎはYouTube再生数536万回以上を記録、インスタグラムの担当となった香取のInstagramフォロワー数100万人以上にも上った。

 また、元メンバーの森且行が出演した11月4日には、彼の愛称である『森くん』がツイッターのトレンド世界1位に。これまで芸能史を大きく変えてきたSMAPの元メンバーたちは今回も、インターネットテレビというジャンルの新たな可能性を開き、歴史に名を刻んだ。

「SMAPメンバーはもちろん、マネージャーのI女史の手腕、戦略も光っていたのではないかと思います。ジャニーズ事務所時代には出来なかったことをやり、かなりの成果を上げた。ただ、本当の勝負はこれからでしょう。今回は元SMAPという人気者が初めてSNSに取り組んだ、というだけで話題になった。今後、どういう展開を見せていくのか。

 地上波のレギュラー番組は、3人それぞれ1本ずつで、稲垣と草なぎは深夜番組。香取の『おじゃMAP』も視聴率が好調とは言い難い。今回の『72時間テレビ』が既存のテレビ局からネットテレビに傾く大きなキッカケを作ったことは間違いないですが、現状を考えればまだ地上波テレビの影響力は侮れない。とりあえず、次の改編期である来年3月までに今回の『72時間テレビ』のような、新たな動きを見せたいところでしょう。I女史と3人なら、必ずや世間をアッと驚かせることができるはずです」(同前)

 来年春には、映画『クソ野郎と美しき世界』が公開予定だ。

「どのくらいの興行収入を記録するか見物です。通常の映画なら10億円いけばいいんでしょうけど、それでは世間にインパクトを与えられない。100億を超えれば、芸能界の地図が大きく変わるでしょう」(同前)

 新たなドラマは始まったばかりだ。

あわせて読みたい

「新しい地図」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  3. 3

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  4. 4

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  5. 5

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  6. 6

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  7. 7

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  8. 8

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  9. 9

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  10. 10

    ISを「破門」しないムスリム社会

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。