記事

中国で働いていた14歳ロシア人モデルが過労死か

【中国の外国籍モデルの労働環境は劣悪】

 ロシアの古都、サンクトペテルブルクから中国・上海のモデル事務所と契約して、中国で働いていた14歳のロシア人美少女モデルが仕事の後、異常を訴えて病院に運ばれ死亡した。当初は、奴隷契約による過労死と伝えられたが、事務所側は否定していることが分かった。

 事務所側は「彼女は休日はきちんと取っており、1日の勤務時間も8時間以内だった」と弁明しているが、中国国務院(政府)の規定では「労働年齢は16歳以上」で、「16歳未満の児童に労働させてはならない」と決められており、14歳の少女を働かせていること自体がそもそも規定違反だ。

 このため、ネット上では、少女の死について、事務所側のずさんな管理と少女を紹介したロシア側エージェントの中間搾取、あるいは両親の無知などのさまざまな憶測が飛び交っている。

 この少女、ブラダ・ジュバさんは、上海のモデル事務所「上海英模文化発展」が、ブラダさんの所属しているサンクトペテルブルクのモデル事務所と契約したことから、ブラダさんは今年9月から中国内で3カ月間働くとの雇用契約を結んだ。

 中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際問題紙「環球時報」によると、ブラダさんは「1週間に3時間だけ働くという契約だったが、毎日13時間の仕事をさせられていた」や、「体の具合が悪くなっても、医療保険に入っていなかったため病院へ行くこともできなかった」と話していたという。

 これについて、上海のモデル事務所側では、ブラダさんは亡くなる約2カ月間で16本の仕事をこなしており、そのほとんどがファッションショーで、撮影も多少あったが、休日はきちんと取っており、1日の勤務時間も8時間以内だったと主張している。

 ブラダさんが異常を訴えた当初、彼女が国際医療保険に加入していなかったため、病院での治療を受けられなかったとの報道について、事務所側は雇用契約を結んだロシア側の事務所が医療保険を用意すべきだったが、それがなされていなかったとして、ロシア側の責任と強調。しかし、容体が悪化したため、緊急治療費として5万元(約75万円)を病院に支払い、集中治療室に入れたが、時すでに遅く、急死したと弁明している。

 事務所には40人以上の外国籍モデルが所属しているが、16歳未満のモデルはブラダさんだけだったという。

 中国における外国籍モデルの劣悪な労働環境は以前から指摘されていたが、モデル自体が仕事を干されることを恐れて、中国側の事務所の要求に従わざるを得なかったとの実態があり、中国当局の規制や監視強化が叫ばれそうだ。

あわせて読みたい

「過労死」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  2. 2

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  3. 3

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  4. 4

    女性もセックスレスで不倫傾向か

    AbemaTIMES

  5. 5

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  6. 6

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  7. 7

    韓国教育絶賛する内田樹氏に困惑

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    タカタ破綻も会長夫人は豪遊生活

    文春オンライン

  9. 9

    地方公務員の副業解禁はおかしい

    永江一石

  10. 10

    月9「民衆の敵」入札汚職を解説

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。