記事

パリで見た「首相になりたい女」小池百合子氏の「限界」 - 広岡 裕児

終始「首相になりたい女」でしかなかった



キャロライン・ケネディ前駐日大使と小池百合子氏 ©Kazuhito Yamada/Kaz Photography

 さきの衆議院総選挙で小池百合子氏率いる「希望の党」が大敗してから、早2週間あまり。小池代表は希望の党内での求心力もすっかりなくなり、今後は「都政に専念する」のだそうだ。都知事には、日本のリーダーとしていくらでもやるべき仕事がある。だが、選挙の開票を待たずにパリを訪問した小池氏は、終始「首相になりたい女」でしかなかった。私は現地で小池氏に密着取材し、国際社会における小池氏の「限界」を感じた。その理由を、あらためて紐解きたいと思う。

 小池氏のパリ訪問の目的は2つ。1つは「世界大都市気候先導グループ(C40)」の運営委員兼副議長として、環境先進都市・東京の取り組みをアピールすること。もう1つはニューヨークのブルームバーグ前市長らが主催し、世界の主要都市のトップや企業経営者らが、経済や交通など都市が抱える問題を議論する「CityLab2017」に参加することだった。後者は、キャロライン・ケネディ前駐日大使がブルームバーグ氏に直々にかけあい、小池氏とOECD(経済協力開発機構)のグリーン成長モデル都市である北九州市の北橋健治市長の招待が実現したようだ。


「C40」運営委員会のメンバーとともに ©Kazuhito Yamada/Kaz Photography

 実は、パリ訪問を前に、国際社会が寄せる東京そして小池百合子都知事への期待は案外大きかった。

 昨年11月、C40の副議長に選出されたとき、小池都知事は、アジア地区の代表となる「パワフルな女性市長」と紹介されている。「クールビズ」を発明した環境大臣の経験もあり、女性進出のシンボルそのもの。「CityLab2017」やOECDのフォーラムでは、主催者挨拶などに次ぐベストポジションを用意されていたのだ。

 実際にはどうだったのか。各会場で取材をした私は、小池氏が演じる「ナショナル・ポリティシャン」ぶりにひどく落胆してしまった。とりわけ「CityLab」での振る舞いには驚いた。


「CityLab2017」会場 ©Kazuhito Yamada/Kaz Photography

テロ対策について「日本は島国なので……」

「CityLab2017」の会場は、ホテル「ル・グラン」の大きなサロン。大聖堂のようなステンドグラスの天井と石柱、シャンデリアがきらびやかに輝く。特設舞台の上には大きな革のソファーが用意された。

 聞き手のケネディ前駐日大使は、前夜の選挙で野党第2党になったなど小池氏の「ナショナル・ポリティシャン」の役割も紹介しつつ「今日は時間もないのでメイヤー(市長)としての共通の問題にフォーカスしたい」と小池氏を紹介する。そして小池氏の登場である。

「東京は世界の中の大都市の1つです。2020年にはオリンピック・パラリンピックを開催し、2024年にはパリへバトンタッチします。(中略)東京がリーダーシップをとり、これからも世界中の方々に色々な知恵、テクノロジー、マインドセットの3つを提供したいと思っています」。出だしは快調だ。

 だが、「あなたはC40ミーティングに来ていますが、東京は新しいテロリズムやパンデミックという問題にどう取り組むのでしょうか」という質問に対し「日本は島国なので……」といった建前論ばかり。

 小池氏は、日本人記者向けに日本語で話すので、だんだん小池氏の遊説を聞いているような気分になってくる。ケネディ氏が「女性がもっとリーダーシップをとれるポジションに就かなければならない」と述べたときには、待ってましたとばかり、「日本の女性の活躍ランキングは、世界経済フォーラムで、144か国中何位だと思いますか?」とケネディ氏に逆質問。ケネディ氏がモゴモゴと答えた後、すかざず「111位です!」と言い放ったときには、まさに選挙カーから聴衆に向かって話す姿そのものだった。この流れの中で、「都知事に当選してガラスの天井を1つ破った。都議選でもパーフェクトな戦いをしてガラスの天井を破ったかなと思ったけど、今回の総選挙で鉄の天井があるということを改めて知った」という「鉄の天井」発言が飛び出したのだった。

温暖化対策・環境問題は新しい経済のフロンティア

 対照的に具体的な発言をしていたのは、その直前に登場したパリのアンヌ・イダルゴ市長(現・C40議長)。市長たるもの「『複雑な問題だ』『明日はよくなる』で終わってはならない。すぐ市民から要求が出ます。それに答えなければならない」と語り、小池氏がまさに悪い見本のようだった。イダルゴ市長はこの場でも、また記者会見でも2024年の五輪にこだわらず、インフラ整備まで含めた総合的で持続的な具体策・ビジョンを語っていた。

 日本では、温暖化対策や環境問題について、ただの綺麗事のように思われがちだ。しかし、実は新しい経済のフロンティアなのである。いまヨーロッパや中国でも全面EV化が叫ばれているが、自動車はただのシンボルで、その周囲ではインフラ整備から家庭用品に至るまで産業革命が進んでいる。

 イダルゴ市長は「CityLab2017」で「多くの都市でエコシステムが実行され、新産業を生み出します。今後の経済成長のキーなのです。私たちの都市は実験室です」と語っていた。ことに、トランプ大統領がパリ協定を脱退した現在、アメリカでは市長レベルが政治の重要な担い手となっている。EUでも「補完性原則」といって、従来の国から地方へと上から下への支配を改め、まず身近な市町村からはじめて、国などの上の組織が前者を補完するというスタイルがトレンドだ。


©Kazuhito Yamada/Kaz Photography

都知事としてパリで過ごしたなら

 これまでの小池氏は、単に「風」が吹いて勝ってきたが、「風」を読み違えてあっさりと敗北を喫した。

 もし小池氏が全身全霊、都知事としてパリで過ごしたなら、その滞在は、東京にとっても、日本にとっても、ずっと大きな意義あるものになったはずだ。小池氏も「逃亡中の女王様」などと揶揄されずに、世界中のマスコミに注目される「輝く女王」になれたかもしれなかった。

 結局小池氏は「首相になりたい」、でも「首相になれなかった女」を花の都巴里で演じてしまい、確固たるビジョンを示せずに帰国した。はたして今後、小池氏が都政に邁進する姿は見られるのだろうか。

(広岡 裕児)

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  2. 2

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  3. 3

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    iPS山中教授 日本の科学界に警鐘

    THE PAGE

  6. 6

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  7. 7

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

  8. 8

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  9. 9

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。